2014年を振り返ってみる

 2014年も今日で終わり。今年はいろいろ大きなことが起きたので、今年のことを振り返ってみる。

 2014年で特筆すべきことは、やはり共育学舎へ長期滞在したことだ。

 1~2月は、いまのしっくりこない生活を打破したいとずっと思っていた。それを実現するのに一番だと思っていたのが、共育学舎へ長期滞在して、自分の将来や人生を見つめ直すことだった。

 そして3月初旬に、ついに共育学舎へ。本当に来て良かったと思う。共育学舎の空気感は俗世のものとはまったく違う。そこでの生活や出会う人々からは、本当の意味でポジティブな希望が湧いてくる。

 私用で5月末までお世話になり、3ヵ月近く滞在していた。3ヶ月近くといえども、とても濃い期間となった。その間に出会った人々との交流は東京に帰ってからも続いている。中途半端な進学や就職なんかよりも、ずっとかげないのないものになった。

 で、帰ってからの日々だが、正直共育学舎へ行く前ほどではないのだが、それほどパッとしない生活に戻ってしまった。共育学舎でもある程度どう行動するかのプランはおおまかに考えていはいたが、なかなか実現せず。そうしていくうちに現在に至ってしまった。

 共育学舎へ長期滞在することは今のところは考えてない。三枝さんからは「(今後のためにも)短大進学と思って、2年くらい滞在したらどうか?」というお誘いも頂いた。だが、正直そこまで滞在できるかどうか、少々自信がない。

 今のところは、アルバイトで肩ならししつつ、何か事を起こせるようにするための軍資金稼ぎをしようと考えている。そのために現在は、郵便局の年末年始アルバイトに従事。年明けはもう少し他のアルバイトをやってみて、何か興味あることなどを探してみようと思う。

 自分としてはこんなところか。とりあえず、来年は良い年になりますように。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する