『ファイナルファンタジーXIII』レビュー

ファイナルファンタジーXIIIファイナルファンタジーXIII
(2009/12/17)
PlayStation 3

商品詳細を見る

 去年地元のブックオフで、『ファイナルファンタジーXIII(以下:FF13)』が中古500円で大量に売っていたので、買ってクリアした。私はFFシリーズが好きで、7から始めて12までプレイし、7に至っては関連作品である『クライシスコア』や『ダージュオブケルベロス』、『アドベントチルドレン』も楽しんだ。

 最近はRPG自体をあまりやらくなったこともあり、12以降はFFシリーズに触れていなかったが、FF13はかねてからプレイしたいとは思っていた。今回ようやくクリアできたので、そのレビューを書いていく。

【概要】
 FF13は、PS3でシリーズ初のナンバリングタイトル作品であり、PS3が発売される前からPS3のキラータイトルとして期待されていた。しかし、なかなか発売されず、2009年にようやく発売された。関連作品としてPS3で『ヴェルサス13』、ケータイで『アギト13』という三部作になる予定だったが、その後前者はPS4・XboxOneで『FF15』として、後者はPSPで『零式』として発売されることとなった。

 FF13は世間でも言われているように、一本道のステージで進んでいく。ストーリーが進むごとに場所が変わったりはするものの、基本的に目的地までほぼ一直線に到達できるように構成されたステージを延々と進んでいく。もちろん、ワールドマップは存在しない。FF10でもそうした構造はあったものの、あちらはストーリーが進めば、過去に訪れたステージにも自由に行き来することができた。だが、今作ではある場所を除いて、過去に訪れた場所を行き来することはできない。つまり、ほとんどの場所は訪れたら、一度きりなのだ。

 戦闘システムはターン制で、従来のシリーズでおなじみのATBバトルとなっている。戦闘中は敵・味方ともに絶えず動いており、キャラの立ち位置で攻撃の当たり判定が変わったりする。味方はAIで動き、プレイヤーの作戦指示でキャラの大まかな行動の変更ができる。作戦指示はオプティマと呼ばれるシステムで設定することができ、戦況に合わせて作戦を変えることで、うまく立ち回る必要がある。

 戦闘の攻略では、チェーンとブレイクをうまく使いこなすことが重要なカギとなっている。チェーンゲージを満杯にすることで、敵はブレイク状態になる。ブレイク状態では敵へのダメージが倍になるので、この状態の時に大ダメージを与えていく。

 成長システムはクリスタリウムと呼ばれるもので、戦闘勝利でもらえるCPというポイントを消費して、成長ルート上にあるクリスタルを取得していく。10のスフィア盤や12のライセンスと似ているものになっている。

【レビュー】
[美しいグラフィックと多すぎるムービー]
 グラフィックについては、このレビューを書いている2015年現在でも充分過ぎるほどの美しさ。ムービーは実写さながらの質感があり、加えて激しいカメラワークでもしっかり表示されているところが素晴らしい。場面によっては、ムービーと実機イベントとの区別がつかないところもあったので、グラフィックの素晴らしさについては文句ない。

 しかし、いかんせん頻繁にムービーが入る。私はFF13で初めて「ムービーの合間にゲームをやっている、ムービーゲー」の感覚を味わった。それだけムービーを多く見させられるので、ゲームをやっている時間がまるでオマケのように感じてしまう。特に序盤はそうした場面が多いので、なおさらそう感じてしまう。

[説明不足のストーリーとコテコテすぎる世界観]
 RPGにおいて力どころであるストーリーだが、今作ではかなり不評だ。よく言われているのが、説明不足の描写が多いことが挙げられている。

 ルシやファルシといった専門用語がポンポン飛び交っているのに、プレイヤー側に分からせるようにするための描写がストーリー中ではあまりないからだ。メニュー画面で、そうした専門用語を解説している項目があるのだが、そこを読んでおかないと分からないままで終わることも多い。

 専門用語だけでなく、ストーリーの演出も突発的に展開する場面が多々あり、そうなる理由が分からないまま進んでいってしまう。そうした演出の説明不足も、プレイしていて分かりづらいし、面白さを感じにくくなっている。

 世界観を見てみても、個人的にあまりしっくりこないデザインだった。作中で登場する建造物や人物などのオブジェクトのデザインが、コテコテ過ぎるのだ。まるでテレビ番組のスタジオのセットのようなデザインで、ファンタジックなデザインを狙い過ぎた感じがして不自然だ。12も独創的なファンタジックな世界観だったが、あちらの方が自然だった。

[戦闘の難易度の高さ]
 FF13の戦闘の難易度はかなり高い。(7以降の)従来のFFシリーズと比べてみても、かなり難しい部類に入る。

 まず、敵の強さ。ボス敵となると、ストーリー後半では数十万単位のHPを持つ敵も出てくる。先述したブレイクを狙って闘うのだが、それでもかなり時間がかかる。状態異常をもたらす攻撃をしかけてくる敵も多く、その対処に追いつけないことも多いので、かなりやられやすい。

 それとクリスタリウムによるキャラの成長も、それほど強くはならない。要求されるCPの量も、ストーリー終盤では数千から数万とかなり多くなるため、なかなか成長しづらくなる。それにたとえ成長させたとしても、増えるパラメータの量もそれほどではないので、なおさら強さを実感できない。

 オンラインアップデートでEASYモードが実装されたものの、それでも全体的に難しい。先述のブレイクやオプティマを上手く駆使していかないと、EASYモードでも簡単にやられてしまう。そうしたことから、かなり人を選ぶ難易度となっているので、気軽にプレイするということはできない。

【総評】
 いろいろ書いてきたが、やはり悪いところがいろいろと目立つ作品ではある。クソゲーや駄作とまでは言わないが、あまり人に勧められるほどの内容でもない。

 FFシリーズではなく、まったく別のRPGとして見たら、他所の評価は変わっていたかもしれない。だが、FFシリーズとして見ると、正直まだまだ改善できる余地があるように思う。

 あまりオススメできない。



オリジナルティ:2
グラフィックス:5
サウンド:3
熱中度:3
満足度:2
快適さ:2
難易度:4

総合点:52


『ファイナルファンタジーXIII』公式サイト


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する