名探偵コナン漫画「平良伊江と父との再会」

 以前こちらの記事で、『名探偵コナン』の「孤島の姫と竜宮城」に登場したキャラの一人である平良伊江の漫画を描きました。その後、彼女の漫画をもう少し描きたいと考え、さらに描きあげました。内容は、前回で生き残った彼女がコナン一同とともに孤島から本土に戻って来るところから始まります。5・6ページは色彩表示の都合上、画像サイズが他のものより大きいので、ご注意を。

※今回の記事も、『名探偵コナン』の「孤島の姫と竜宮城」のストーリーのネタバレが前提で書かれています。ストーリーを未読でこれから楽しみたい方は、ストーリーを原作単行本35・36巻やアニメDVDで読み終えてから今回の記事を読むことをオススメします。

▼1ページ
平良伊江と父との再会1

▼2ページ
平良伊江と父との再会2

▼3ページ
平良伊江と父との再会3

▼4ページ
平良伊江と父との再会4

▼5ページ(サイズ注意)
平良伊江と父との再会5

▼6ページ(サイズ注意)
平良伊江と父との再会6


 平良伊江の生存を描いたこともあり、「せっかく彼女が生き残ったのだから、父親との感動の再会もさせてあげよう」と思い、描きあげました。再会の場面を描くのは難しかった。互いに抱く構図が難しく、妹からは「絵がギコチない」と突っ込まれたほど。私の腕はまだまだ未熟やわ…。

 今回も前回同様、構想していたページを一部カットしています。4ページの後に、町長が平良伊江を抱き合いながら、「私はおまえと二度と会えないと覚悟していたが、おまえは帰ってきてくれた」「これまでのことで何もかも一人得背負うな。これからは私がついている」と語りかけるシーンと、それを見た大東が感極まって泣き崩れるシーンを2ページ分描く予定でした。ですが、4ページ目でキャラ一同の顔を出してしまったことによるページと前述のシーンとの組み合わせが上手く描けなかったこともあり、泣く泣く断念。

 5・6ページはまたも説明臭くなってしまいましたが、平良伊江のこれからについて描いています。これは以前こちらの記事で書いたことを、どうしても漫画で伝えたかったからです。「彼女の生存は単なるハッピーエンドではなく、彼女が事件と向き合うための過酷な人生を歩まなければならない始まり」ということを。説明臭い描写でしか表せなかったのは残念ですが、4ページ目までだと普通のハッピーエンドになってしまうので、そこはどうしても避けたかった。

 それとどうでもいい余談ですが、今回の漫画も前回のと同じように北斗の拳ネタを入れる予定でしたが、構想を練るうちにボツにしました。いろいろ描いていくうちに入れる必要がなくなったので。どんなネタかというと、以下のセリフ。

蘭「見て、都さんの顔…。島に行く前と比べて、子どものように…」
平良「お…お父さん…。むかしのように…、もう一度ぬくもりを…」
コナン「哀しい事件だった。なによりも愛深きゆえに…」

 今思うと、逆に入れなくて良かったと思います。さすがにコレは狙い過ぎでした。


 さて、「孤島の姫と竜宮城」の内容に関する漫画はコレで終わりにしたいと思います。原作での平良伊江の描写や扱いに納得がいかなくて描き始めましたが、ようやく描き終えたことで私なりに納得できる内容となりました。あまりこうしたことをするのは作品上よろしくないのは重々承知していますが、平良伊江の死がどうしても無念だったので、何もしないよりは自分なりに納得できる形で彼女を活躍させてあげたいと思い、最後まで描くことができました。

 あと個人的なことですが、今回の漫画を通して、平良伊江というキャラが気に入りました。さすがに当ブログのマスコットキャラとかにはしませんが、私の好きなパロディ漫画のキャラとして登場させたりして、今後の活躍を描いていきたいですね。

 それでは、今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント

No title

ご無沙汰です。
ひょっとしてchageasfanさんは、平良伊江に思い入れがあって、これを描いたのではないでしょうか?
ところで私事ですが、今月からようやく時給から月給になりました。いやー長かった。
でもって、今月13日に開催される区のシンポジウムに
引っ張り出されることになりました。詳しくは
ttp://www.city.setagaya.lg.jp/event/1995/d00137331.html
よろしければ是非、ご参加ください。

Re: No title

>>T.Aさん
>ご無沙汰です。
どうも、お久しぶりです。

>ひょっとしてchageasfanさんは、平良伊江に思い入れがあって、これを描いたのではないでしょうか?
思い入れと言うのかな…?
記事でも書いたのですが、私が平良伊江の漫画を描いたのは、彼女の死に納得がいかなかったということが一理あります。
彼女は哀しい過去がある人間なのに、何のフォローもないまま、あっさりと死んでしまう描写には個人的に無念で納得がいきませんでした。
金田一や相棒なら、彼女のようなキャラの死に何かしらフォローの描写が描かれるでしょうが、コナンはそうしたフォローがない分、彼女の死が単なる無駄死にで終わってしまっています。
正直この無念感がハンパなかったので、「なら自分なりに漫画で描こう!」と思い、描いた次第です。

>ところで私事ですが、今月からようやく時給から月給になりました。いやー長かった。
おめでとうございます!
これからが躍進時ですね。

>でもって、今月13日に開催される区のシンポジウムに引っ張り出されることになりました。
URLを確認したのですが、残念ながら家の用事で参加はできません。
その代わりといえってはなんですが、近々久々にお会いしませんか?
今月の後半あたり以降なら都合取れるので(そのころにT.Aさんにご連絡します)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する