『脱ニート 完全マニュアル』

元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル
(2012/07/25)
地雷屋

商品詳細を見る

 最近読書をしなてなかった私が、久々に読んでみたいと感じた本。Amazonで本書を知り、3ヵ月ほど前に購入。それからぼちぼちと読んでいて、数週間前に読み終えました。


 本書はタイトルの通り、ひきこもり・ニート向けの本で、彼らのための就活本といったところ。著者は、ブログサイト『とあるニートの成功目録』の管理人である地雷屋さん。

 地雷屋さんは学生時代に不登校などの経験があり、専門学校を卒業するも就活に失敗し、ニートへ。その後クレーム処理電話のバイトをしたり、IT会社の営業職などに就職するも、うまくいかず転職やニート生活を送っていたといいます。

 本書は、その地雷屋さんが自身の経験をもとに、脱ニートのための具体的な考え方やハウツーについて書かれています。書かれている内容は、元々地雷屋さんのブログでアップされた記事のものを再構成・加筆したものとなっています(私自身ブログの方も見てはいましたが、内容を詳しく知りたかったので、本書を改めて買った次第です)。

 本書の内容は、大きく分けて以下の3つのチャプターに分かれています。

第1章 脱ニート考察
第2章 ニート的就職活動
第3章 ニート的ネットビジネス



 まず第1章は、ニートの定義・原因から、脱ニートに至るまでの考え方・心構えについて述べています。ニートといっても、世間で叩かれているようなネガティブな輩ではなく、さまざまな事情を孕んだ複雑な状況に陥った人間だということを踏まえながら、そこからどう改善していくのかを述べています。

 述べている内容も、荒唐無稽な自己啓発は一切なし。あくまでニート・ひきこもりでも最低限可能な範囲での考え方や行動理念について述べています。社会の通念や常識にとらわれることなく、脱ニートを遂行できるための内容なので、読んでいて納得できるものや共感できるものも多いです。

 第2章は、文字通り就職活動に関する内容。仕事への考え方といった基本的な心構えからバイトや正社員になるための具体的なハウツーなどを教えてくれます。特に地雷屋さんはハロワを使うことをオススメしており、ハロワでの求人検索や求人票の見方などの利用方法まで分かりやすく教えてくれます。他にも、履歴書・職務経歴書といった応募書類の書き方や面接での質疑応答についてのハウツーも書いています。

 第3章は、上述した2つの章に比べれるとオマケのようなもの。ニートでも副業(サイドビジネス)感覚で始められるネットビジネスについて紹介しています。こんなこと書くと、いかがわしい情報商材とか売りつける類の詐欺と思ってしまうそうですが、その手の危ないものではないのでご安心を。あくまで小遣い稼ぎ程度でやれるものを紹介しています。


 読み終えた感想ですが、読んで正解でした。というか、むしろ「もっと早くに読んでおけば…!」と後悔したくらい、役立つ内容が多かったです。

 ニート・ひきこもりにとって、就活はハードルが高すぎて、巷の就活生よりも意気消沈しやすい。そんな現状ですから身も心もポッキポキに折れやすい。地雷屋さんも仰っていますが、巷にある就活本や就職サイトというのは「優秀な新卒向け」や「経験豊かな転職者向け」の人たち向けのものばかりなので、ニート(ダメ経歴)向けの人たちに向けたものがないのです。そうした人たちの中で、ニートが就活してもうまくいかないのは当然のこと。

 私もニートの身なので、本書の内容はとても参考になるので、ありがたい。何より数少ないニート向けの就活本ですから、自分のレベルに合った就活の考え方やハウツーが書かれているのがとても役立ちます。

 以前ブックオフで和田秀樹さんが書いた『ニート脱出』というニート向けの就活本を立ち読みしたことがあるのですが、こちらは巷の就活本や自己啓発本と変わらない感じがして微妙でした。地雷屋さんの本は、彼自身がニートの経験者だったため、ニート目線でのハウツーが書かれているのが良いです。


 ニート・ひきこもりの方で、就職・社会復帰を目指したい方にぜひオススメです。



とあるニートの成功目録

『脱ニート 完全マニュアル』特設サイト



スポンサーサイト
コメント

No title

ニート目線でのハウツー本っていいですね。

残念ながら地元の図書館にはなかったのですが、
取り寄せ希望してみます。

No title

つい先日(4/6)、朝日新聞に私の記事が載りました。
ttp://apital.asahi.com/article/local/2015033000010.html
去る2月のシンポジウムに記者が挨拶に来て、3月上旬に取材を受けました。
サポステの篠原所長も記事に出てきます。

Re: No title

>>しん@アジア浮浪人?不労人?さん
もしかして、再就職の参考にするのでしょうか?
そうした面でも、本書は活用できると思います。

>>T.Aさん
>去る2月のシンポジウムに記者が挨拶に来て、3月上旬に取材を受けました。
該当の記事を拝見しました。
こうした活動がもっと世間に知れ渡ってほしいですね。
公務の活動って、便利であるにもかかわらず意外にも知れ渡ってないところもけっこうありますから。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する