いけふくろうの会に参加して来ました

 昨日の8日の土曜日、以前共育学舎の三枝さんが仰られた「いけふくろうの会」に参加して来ました。場所は高田馬場駅近くの居酒屋。

 待ち合わせ場所で待っていると、なんとひきこもり名人の勝山実さんにお会いしました。勝山さんも参加者の一人で、この会の常連だそうです。この会に参加するまで知っている方は伊藤さん(勝山さんの本を出版した編集者の方)しかいなかったのですが、参加してみると勝山さん・伊藤さんの他にも、6月のトークイベントでお会いした方もおられました。

 ぼちぼちメンバーがそろったところで、居酒屋へ。人数はザッと見た感じで15~16人ほど。座席は座敷席で、奥の一間・3つのテーブルを丸ごと貸切るほど。その後も遅れて参加する方もぼちぼち来られたので、20人ほどの方が集まりました。

 この会の世話人(中心となる方)が男性のakiさん。私と同い年で、都内某所で一人暮らしをされているそうです。お話する機会ができたので、会のことなどを詳しくお伺いしました。

 akiさんは、ひきこもりの方たちが気兼ねなく集える場をつくりたいという想いから、この会を企画したといいます。ひきこもりの集いというと、勉強会のような社会復帰に向けた堅苦しいものが多かったそう。彼自身お酒が好きということで、お酒を交えた気兼ねないものにしたいというのが、このいけふくろうの会の始まりだそうです。当初は5人ほどの集まりだったそうですが、現在は前述の通り、20人も来られるほどの多所帯に。参加者も、常連の方もおられれば、数ヵ月・数年ぶりという久々の参加者もおられるそうです。

 私も参加に当たって、他の参加者の方々とお話しすることができました(さすがに全員は無理でしたが)。前述のakiさんに加え、今年の春に、勝山さんの小屋づくりをお手伝いしたIさん(仮名)。大学院で修士課程を学びながら、不登校・ひきこもり向けの料理サークルを運営されているNさん(仮名)。中でも興味深かったのは、Tさん(仮名)。Tさんは現代社会で行きづらい人々のための支援団体設立を目指して、活動されています。その団体が↓(検索サイトでひっかからないので直リン)。

行きづらわーほり(http://ikizura-wh.jimdo.com/)

 この団体は、まだ活動が始まったばかり。まだまだこれからという感じですが、動向が気になるところ。活動内容の趣旨など共感できるところもあるので、よろしければご覧になってください。

 あれこれ飲んでいるうちに3時間が過ぎ、お開きに。会費は状況によりけりですが、基本的に2000円~3000円だそうです。今回は、飲酒した方は3000円、そうでない方は2500円という会計になりました。

 一応2次会もあり、2次会は近くのサイゼリヤでやるそうです。私はさすがに2次会はきついので、ここで皆さんとお別れ。勝山さんも2次会は不参加で、私と一緒にJR山手線へ乗車。


 参加し終えた感想ですが、とても良かったです。やはりニートにしろ、ひきこもりにしろ、互いに同じ悩みを持った人々が何かしら集って語り合えるという場はとてもありがたいものです。また、勝山さんとお会いできたことで、共育学舎に関する話もさらに聴けました。勝山さんとは、来月の共育学舎でお会いする話をしていますので、その時にまたお会いします。ますます共育学舎に行きたくなってきた!

 ちなみにいけふくろうの会ですが、下記の公式ブログにて開催日・場所はお知らせされます。参加希望の方は、ブログ内に明記されているメールアドレスに、参加する趣旨のメールを送ってください。

 それでは、今日はこの辺で。



いけふくろうブログ(いけふくろうの会 公式ブログ)


スポンサーサイト
コメント

No title

この会もなかなか興味深いですね。今度参加してみたいなと、思いました。

Re: No title

>>hin-bpさん
>この会もなかなか興味深いですね。今度参加してみたいなと、思いました。
ブログを確認すると、ほぼ毎月開催されているそうなので、ぜひどうぞ。
外こもりのしんさんも、11月に行けたらという主旨のツイートをしていたので、しんさんとご一緒に行かれるのもいいかもしれません。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する