夏休み明けの子供の自殺

 今日の読売新聞の朝刊に興味深い記事があった。それが以下の内容。

【子供のSOS気づいて/自殺 夏休み明け多発】
 新学期の開始前後に、各地で子供の自殺が相次いでいる。内閣府の分析によると、夏休み明けの9月1日は年間を通じて子供の自殺が最も多い日で、文部科学省と各教育委員会などは、学校現場に注意を呼びかけている。
 内閣府が今年6月に取りまとめた2015年版「自殺対策白書」によれば、1972~2013年の42年間の18歳以下の自殺者の日付別に整理すると、9月1日が131人で最も多く、4月11日の99人、同日8日の95人、9月2日の94人、8月31日の92人と続き、自殺が長期休暇明け前後に多発していることが判明した。
 子供の自殺では遺書などを残さない傾向があり、周囲が予兆を察知するのは難しいとされる。このため、文科省は今月4日、各都道府県教委に対し、児童や生徒たちの細かな変化に注意を払うなど、自殺の予防に努めるようにした。
 <読売新聞 2015年8月31日 1面>



 こういうのを聞いて、いつも思うのだが、日本の学校教育で自殺が出てしまうのは当たり前だと思う。日本の学校というのは閉鎖的な空間だ。あまりに閉鎖的なゆえに、学校内の人間関係や学業生活がうまくいかなくなったり、途中から不調になったりすると、ポジティブに改善するのはかなり難しい。そんな刑務所のような息苦しい空間に戻されるというのは、苦痛であることは誰でも容易に想像できるはず。

 学校じゃなくても、一般的な就労の職場でも過剰なオーバーワークが過労死や自殺の原因で騒がれている。学校だろうと、職場だろうと、閉鎖的な空間ではネガティブな要素は生まれやすい。自殺問題が生じてしまうのは当然だ。

 学校も職場が閉鎖的な空間ゆえに自殺が起きるのであれば、その閉鎖的な空間を緩めるしか根本的な解決策はない。時間的な拘束時間を減らすだけでも、かなり自殺は減らせるはずだ。近年では、中学・高校で50分間だった授業時間が、現在では小学校と同じ45分間授業の学校も公立・私立問わず増えてきている。

 愚かなのは、世間はこうした問題が起こるとその元凶(犯人)捜しをやる。そんなことをしても見つからない(もしくは「木を隠すなら森」が如く、元凶はどこかに去ってしまう)のに、そればかりに注視する。そればかりか、詰め込み教育などの強化などから、余計閉鎖的な空間を強めようとする(就労も同じく)。どんだけ愚かなのか…。閉鎖的な空間で生み出されるものなど、たかが知れているのに、誰もそれを指摘せず、その空間を強めることが最善策だと考えている(この現状を余計煽るのが、取るに足らない社会の敵だったりするのだから、烈火のごとく怒りも湧いてくる)。


 今回の自殺問題からみる閉鎖的空間を巡る本末転倒の問題はいつになったら、解決のための本質に気づくのだろうか。少なくとも、「学力向上」などという名目の閉鎖的空間の強化をやっている以上、子供の自殺がなくなることは残念ながらないだろう。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する