大崎上島滞在記(3)

前回の記事はこちら


 今回は、島でのお仕事について書いていきます。島でのお仕事といってもいろいろあるのですが、私がお手伝いをさせていただいたことを取り上げていきます。

 最初にお手伝いさせて頂いたのは、Nさんの畑に設けるイノシシ避けの柵作り

 Nさんは自転車で10分ほどの場所にある畑を借りています。元々は地元の農家さんが持っていた畑でしたが、その方が引退を機に畑の管理をやめるということで、そこをNさんが借りたそうです。畑は高台にある土地で、畑の両端に設置しました。

 現時点である畑の農作物はみかんなどの柑橘類。無農薬で栽培していたそうで、それの影響は他の土地に比べて少ないのだとか。Nさんは環境問題にとても関心がある方なので、無農薬の畑はまさに彼にとって好条件の畑でした。将来はみかんだけでなく、空いている土地で他の農作物を育てる予定だとか。

 このお仕事で共に作業をして下さったのが、島外からの移住者であるYさん(仮名)。YさんはNさんと親しく、お互いの仕事で共に作業をするほどの仲だそうです。Yさんは家族を引き連れて島に移住し、島では何でも屋などの複業を営みながら生活しています。

 次にお手伝いさせていたのは、Nさんがアルバイトとして受け入れさせてもらっている地元農家さんのSさん(仮名)でのみかんの摘果作業。午前中だけではありますが、2回お手伝いさせていだきました。

 Sさんは島外からの移住者で、奥さんは島出身のUターン者。作業中は漫才トーク並みに会話が多く、それでいてテキパキ仕事をこなしているので、まさにプロでした。会話はお互い楽しみながらやるためにしているそうです。時事ネタやら芸能界ネタやら、さまざまな話題が飛び交いました(後日松本さんの話によると、古来日本の農業は田楽にあるように、楽しみながら作業にいそしむのが習わしだったといいます)。

 Sさんの畑は、山の斜面にあるものすごく急な場所。設置された運搬用のモノレールに乗って畑まで登っていきます。摘果作業では、小さいものや傷がついたものを、手で取ってどんどん捨てていきます。斜面の土地ということで足場が悪く、かなり仕事がハードでした。

 最後に書くのは、松本さんが始めた山尻集落のお年寄りのための「孫の手サービス」。最近始まったばかりのサービス業で、何でも屋のようにお仕事を請け負いながら、地元の方とのコミュニティを深めていくとのこと。この時やったお仕事は、地元のおばあさんの家の近くに設けるイノシシの柵作りでした。

 高台の上にあるのですが、草木が生い茂っているので、松本さんがノコギリやチェーンソウで切っていき、下に落ちたものを私やおばあさんが拾って捨てていく作業。バッサバッサ切っていき、最後に柵を設けていき、完成。

 松本さん経由で、私宛てにおばあさんから御礼金をいただきました。正直もらっていいのか戸惑いましたが、御言葉に甘えていただきました。


つづく


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する