女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」

 漫画『女神の拳』のアップです。ここ最近は体調不良でなかなか筆が進みませんでしたが、なんとか完成できました。前回からの続きです。

▼1ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0001

▼2ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0002

▼3ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0003

▼4ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0004

▼5ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0005

▼6ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0006

▼7ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0007

▼8ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0008

 ついに、レイである平良伊江とシンである今岡汀との肉弾戦です。(私にとっての)ドリームマッチであるレイとシンの対決が実現しました!

 レイが繰り出す技は今回2つ。ザコ相手には、南斗鶴翼迅斬こと水龍鶴翼迅斬(すいりゅうかくよくじんざん)。アーケード版や『北斗無双』でも登場している技。私はそれらの作品での詳細を知らないので、再現性については重視してません。再現うんぬんよりも、一斉に襲いかかる敵にズバァと斬りかかっていく技を描きたくて、こちらの技を使わせていただきました。

 もう一つは、汀との接戦で繰り出している南斗凄気網波こと水龍凄気網波(すいりゅうせいきもうは)。こちらもアーケード版や『北斗無双』でも登場している技。

 シンである今岡汀が繰り出す技は、南斗千首龍撃こと水龍千首流撃(すいりゅうせんしゅりゅうげき)。「龍」の字が被るので、後者は「流」の字に変更。シンの技といえば、南斗獄屠拳も有名ですが、こちらも有名。パチスロ北斗の拳でも、技名こそ出ませんでしたが、再現はしっかりされています。それらの印象から私もぜひ描きたかったので、今回描きました。

 さっそく内容について。前半戦は『北斗の拳』でのユダ戦の最初の方をそのまま流用。ザコ敵が襲いかかる場面ですが、そこを水龍鶴翼迅斬のお披露目場面にしました。そして伊江と汀とのタイマン戦。水龍千首流撃と水龍凄気網波の衝突。「レイとシンも実際こんな感じで戦うかな?」と想像しながら描きましたが、やっぱり肉弾戦は描いていて楽しい!

 8ページ目の最後のコマですが、描き終えてみると、これはちょっと無理がありました。「この戦いが水龍拳の神髄だ」みたいなことを描きたかったのですが、いかんせん説明臭くなってしまいました。

 8ページ目の女性は、レイ外伝よりリンレイ。過去戦でもワンカットのみ登場させましたが、今回もワンカットのみの登場。以前描いた時よりは、ある程度模写できました。


 漫画を描いていて、妹が「以前よりも(漫画の描き方が)上達している」と言ってくれました。まだまだ研究している部分が多いですが、最初に描き始めたことよりも、いろいろと描き方の勝手がわかってきました。このまま何とか描き続けていきたい。

 女神の拳まだまだ続きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する