『モモ(児童文学)』

モモ (岩波少年文庫(127))モモ (岩波少年文庫(127))
(2005/06/16)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る

 今回は実用書ではなく、小説の紹介。

 ドイツの作家であるミヒャルデ・エンデ作の児童文学作品『モモ』。知っている方も多いと思います。ストーリーのあらすじは以下の通り。

どんな人でも、ただ一緒にいて話をするだけで相手を幸せな気分にしてくれる不思議な少女モモ。さまざまな友達と一緒に楽しく過ごしていたモモでしたが、彼らが住む街に不気味な時間泥棒たちの魔の手が忍び寄ります。時間泥棒たちは街の人たちから「時間が節約できる」と説明して人々から、時間をだまし取っていきます。時間をだまし取られた人々は次第に時間に追われるようになり、無愛想になっていきました。その後時間泥棒たちはモモが自分たちの仕事の邪魔になると感じて、策を講じ、モモから彼女の友達を引き離してしまいます。モモは時間泥棒から、友達と時間を取り戻すために奔走します。


 とても面白い本でした。私は小説を読むことがとても苦手なのですが、本書はとても読みやすく、スラスラ読めました。ストーリーの展開がとてもテンポ良くて、飽きることなく読み進められました。

 正直言うと、この本は2年前に買って以来、ずっと積読(つんどく)になっていました。さすがに「このままではもったいない」と思い、読んでみました。読み終えてみると「こんなに読みやすい本だったとは!」と思い、今まで積読にしてきたことを後悔しました。

 児童文学とあってか、いくらかの常用漢字がひらがなに変換されているため、大人の私が読むとちょっと読みづらいところが多々ありました。

 これはオススメ。小説に読み慣れてない方でも大丈夫です。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する