私のぶち切れシミュレーション

 去年、和歌山の共育学舎で長期滞在中にお会いしたことがある放浪風さんのブログにとても興味深い記事がありました。それが↓の記事。まずは読んでみてください。

なまけるくるま「ぶち切れシミュレーション」

 この記事は放浪風さんが時々自身のことについてシミュレーションすることについて述べた記事。私もシミュレーションと言えるかどうかは分からないですが、放浪風さんのようにいろいろと考えることはあります。

 で、この記事を読んでみて、私自身のブチ切れシミュレーションについて、今一度じっくり考えてみました。

 …。
 ……。
 ………。


  いろいろ考えていると、頭には出てくるのですが、あまりにひどくて記事にすることができません!! 罵詈雑言なんて、その程度の生易しいものじゃありません! あまりに猟奇的で異常を通り越したろくでもないものでした。

 私はオカルトの類の話が大好きなので、上述のようなシミュレーション(妄想)をすると、オカルトの類の事柄とくっついて、考えが出てきます。具体的にどんな類かというと、切り裂きジャックとか、ゾディアック事件とか、津山三十人殺しとか…。本当にそうした類のことを連想させることばかりが出てきます。これらの類の話はあまりに猟奇的なので、安易に検索することはオススメしません。

 このシミュレーションで思うことは、実際にやって自分自身を客観視して落ち着きを取り戻せる人は凄いということ。放浪風さんは実際にブログの記事内で客観視することを見出し、落ち着きを取り戻しています。それを考えると放浪風さんは、良い方向に向かっているのではないかと…(私ごときの素人が生意気を言ってしまい恐縮です)。

 逆にこのシミュレーションをやっても客観視や落ち着きはおろか、ますます悪い方向へ言動が進んでしまう人がいることを痛感。まさに私です。そういう人は私を含め少数でしょうが、やっぱり安心はできません。そうなると、医者や精神安定剤の助けが要るようになります。完治までには、長い時間と労力を要します。上述のオカルトの類に自分を重ね合わせると、自分が猟奇的異常者になったようで、恐ろしいのか怯えているのか、分からなくなります。


 今回のシミュレーションの内容を公にすることは控えましたが、もし「読んでみたい!」という奇特(?)なコメントがきましたら、公開を考えるかもしれません。ですが、現時点では無理です。

 このぶち切れシミュレーション、自分のことをいろいろ省みる良い基準になるのではないでしょうか。


スポンサーサイト
コメント

No title

どうもお久しぶりです。
以前はTBありがとうございました。
あのようなみっともない文章を題材に挙げて頂いて光栄です。
 
>逆にこのシミュレーションをやっても客観視や落ち着きはおろか、ますます悪い方向へ言動が進んでしまう人がいること

そうですか、辛い方向にいってしまうのであればやらない方が良いでしょうね。僕自身は幸いなことに医者に行くほどではないですけど、精神に関しての薬や、医療については全否定しておりませんし、偏見等を持たない様に心がけています。

CHAGEAS-FANさんの病状のことはブログ上から察することしかできませんが、僕の想像以上の辛さがあることは感じ取れます。

僕の勝手な意見ですが、以前の広島に行った時のように、いきいきと過ごされることを密かに願っております。

Re: No title

>>放浪風さん
>どうもお久しぶりです。
お久しぶりです。

>以前はTBありがとうございました。
>あのようなみっともない文章を題材に挙げて頂いて光栄です。
いえいえ、こちらこそ記事の内容についていろいろと考えさせていただきました。

>僕の勝手な意見ですが、以前の広島に行った時のように、いきいきと過ごされることを密かに願っております。
お気遣いありがとうございます。
仰る通り、現在の体調ではしばらく和歌山や広島などの遠出は難しいので、しばし休養をとる所存です。
遠出する時は、だいぶ良くなってからでしょう…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する