漫画の原稿をファイリング

 昨夜、これまで自分が描いてきた漫画『女神の拳』の原稿をファイルにまとめる作業(ファイリング)をやってました。

 描き上げた原稿は、大雑把に幅が拡がるタイプのポケットにドサッと入れ込んでいました。ですが、さすがに量が多くなってきたのと、しっかりとしたファイルに入れて保管したいという考えから、作業をすることに。昨日たまたまダイソーに行く機会があったので、そこで幅が広めのD型リングのA4ファイルを2つと、穴あけパンチが入った取り外し可能なポケットの30枚パックを3つ購入。これらを使ってファイリング。

 まずは原稿を1枚ずつポケットに収納。ポケットは合計90枚ありますが、まだまだ足りず…。足りない分は次回買い足して補充します。収納できた90枚をファイルに収納し、完成。D型リングのファイルにしたのは、リングにポケットを固定するストッパーが付いているため。これで、ファイル内でのポケットのばらつきを防ぎます。ポケットは1枚1枚取り外し可能なので、必要な原稿のページだけ取り外せるのもGOOD。


 数分ほどでファイリング完了。

 今回使ったポケットは84枚。ストーリーの区切りに合わせてファイリングしているので、余ったのは6枚。次回補充して使う時にはこの6枚も使うので、まだまだ足りません。ファイリングしきれなかった原稿を目視でザッと計算すると、約40枚ぐらいは余っています。今後も漫画は描き続けて枚数は増えていくので、更にポケットは必要になります。その時のために、昨日はファイルをもう1つ買ったのですが、買って正解でした。

 ポケットに原稿を収納する際、表裏で2枚収納することも考えました。しかし、漫画のページが分からなくなるのと、紙の関係で量が増えてファイルが分厚くなるのでやめました(こちらの方が経済的には良いのですが)。

 なにはともあれ、漫画の原稿をファイリングできてスッキリしました。今後も機会ができたら、ファイリングの続きをやる予定です。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する