幻覚に悩まされた2日間

 12日と13日は最悪でした。というのも、精神状態の悪化で幻覚が出てしまいました

 幻覚の内容については本当にひどい有様なので言えないのですが、私の幻覚は過去に2回ぐらい出ています。正直その時は気が気でなかったので、本当に幻覚と言っていいのか微妙なところですが、とにかく現実と妄想の区別がつかないくらい冷静な判断や思考ができず、それに振り回されてしまいました。

 この幻覚が一大事だったのは、幻覚自体もそうでしたが、事故って手を切ってしまったこと。切ったと言っても、絆創膏を貼って治る程度のものでしたので、傷そのものは大事ないです。とはいえ、幻覚でケガを負ったのは、今回が初めてでした。

 幻覚の原因については大方見当はついています。それは憎しみ。私は憎しみによる弊害がひどく、それによって生活に支障が出ることが多々あり、現在でも悩まされています。普通の人なら御破算になる憎しみも、私の場合は呪いのごとく憎しみが蓄積されます。

 異変に気付いた父が駆けつけ、いろいろに相談したのですが、さすがにひどいという結論に。かかりつけのお医者さんの診察から間もなかったため、急きょ診察日を速めて、診察してもらうことにしました。

 そして、昨日の14日に診察へ行ってきました。お医者さん曰く、「とにかく危ない状況だったから、早目に来てくれてよかった」とのことでした。幻覚というのは非常に危険で、これが長引くと統合失調症に発展する恐れがあるので、早目の対処が必要だとのこと。

 今回の件で、お医者さんは私が普段飲んでいる薬の量を少しだけ増やして処方してくれました。それとその薬の液体タイプのものを処方してくれました。これは頓服薬で、あまりに精神状態が悪い時に服用することで、落ち着きを取り戻す薬です。今朝、念のためこの頓服薬を飲んだのですが、味が甘い! 今まで苦い味の頓服薬だったので、この甘さは驚きました。


 ここ最近は精神状態が落ち着かないため、ブログの更新もおぼつかない状況ですが、ぼちぼちやっていこうと思います。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する