ジキルとハイド

 数日前に父から言われたのだが、ここ最近の私の言動はジキルとハイドのようになっている。

 ジキルのように、理性が働いて物事の善悪を冷静に判断できる言動。ハイドのように、理性が働かず感情的で猟奇的なことばかりが横行する言動

 この2つの言動が、何かしらのきっかけで転換することもあれば、何の前触れもなしに転換したりすることもある。こうした状況であるから、どうも落ち着かない。原因は憎しみであることは分かっているのだけれども、ハイドになったら幻覚すら見えるので、私自身では手に負えない。いまのところは、お医者さんの診察と投薬治療くらいしか手立てがない。

 当り前ではあるけれど、警察沙汰にはなってないので、そこはご安心を。少なくとも、今後の方針について、もっといろいろ考えておきたい。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する