女神の拳「宮野明美vs加門初音(1)」

 漫画『女神の拳』のアップです。今回は前回初登場である加門初音と宮野明美との対決です。技名は「誘幻掌(ゆうげんしょう)」「烈脚空舞(れっきゃくくうぶ)」。

▼1ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(1)」_0001

▼2ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(1)」_0002

▼3ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(1)」_0003

▼4ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(1)」_0004

▼5ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(1)」_0005

▼6ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(1)」_0006

▼7ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(1)」_0007

 いよいよ、ケンシロウである宮野明美とシュウである加門初音との対決です。この場面は以前から描きたいと強く思っていたので、今格描くことが嬉しく思います(とはいえ、ストーリーはまだ未完ですが)。漫画そのものは去年の内に完成していたのですが、アップするのは年を開けてからにすることにしました。

 技はシュウの誘幻掌と烈脚空舞を出しました。対決場面の流れは、真救世主伝説にならって、原作にあったトゲ付き鉄球による攻撃の描写はカット。当初は誘幻掌もカットするかどうか決めかねていましたが、シュウの「盲目ゆえに敵に対する恐怖がない」という特徴を描きたかったので、誘幻掌も描くことにしました。

 今回描いていて一番楽しかったのは、シュウの拳法である南斗白鷺拳の真髄である烈脚空舞。構図やポージングが難しかったものの、もの凄い動きの表現を描いていて楽しかったです(もちろん私の画ではなく、原哲夫先生の画が素晴らしいからこそですが)。バトル漫画のこうした対決場面というのは、描いている側も盛りあがります。


 次回は加門初音と宮野明美との対決です。女神の拳はまだまだ続きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する