女神の拳「宮野明美vs加門初音(2)」

 漫画『女神の拳』のアップです。前回アップした加門初音と宮野明美との対決の続きです。技名は「水影心(すいえいしん)」。

▼1ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(2)」_0001

▼2ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(2)」_0002

▼3ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(2)」_0003

▼4ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(2)」_0004

▼5ページ目
女神の拳「宮野明美vs加門初音(2)」_0005

 ケンシロウである宮野明美とシュウである加門初音との対決も今回でラストです。対決の場面は前回の誘幻掌と烈脚空舞でけっこう描いてしまった感じがあるので、今回は少なめの5ページ。4ページがうまく描けなかったことのが少々残念。コマ数をカットしていることを除いては、ストーリーの流れは基本的に北斗の拳の原作に沿っています。

 記事で特筆するところは特にないのですが、個人的に触れておきたいところが…。それはシュウとレイが親友であるというところ。意外と忘れられているのですが、シュウとレイは友人関係にあります。「2人は友人関係にしては歳が離れていないか?」という疑問がよく多いのですが、確かに歳の差を感じやすいです(シュウは子持ちですし…)。

 そして女神の拳におけるシュウとレイである加門初音(37歳)と平良伊江(26歳)。その年齢差は11歳差! 20代と30代の友人関係って結構な差を感じますが、まあいいかと。この差も考慮して、加門初音の人選を考えました。

 女神の拳はまだまだ続きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する