大崎上島で得られた結果

 今月の18日に無事に広島から東京へ帰ってきました。今回大崎上島で過ごした3ヵ月間を振り返ってみると、得られるもの(結果)がとても多かったです。今回はその結果について、書いていこうと思います。

1.お金を稼げた。
 まずなんといっても、お金を稼げたのが一番大きいです。東京じゃろくにアルバイトもできず、満足な就活もできずじまいでした。

 しかし、大崎上島で農協のアルバイトに出勤したり、地元農家さんのお仕事のお手伝いに参加したりして、かなりの金額を稼ぐことができました。

 その額、約27万円

 この金額はあくまでも単純な収益なので、生活費や雑費を除いた純利益ではないのです。ただ、生活費や雑費は大して使っていないので、実質20万円ほど稼いだことになります。

2.就労することに前向きになった。
 1番ができたことに加えて、就労することにも前向きになれました。

 農協のバイトや地元農家さんのお手伝いは、やる前はとても不安でしたが、いざやってみるとしっかりこなすことができました。日々仕事に従事することで自信がつき、「就職したい」という気持ちも強まりました。

 就労することで気持ちも前向きになり、生活のリズムも整い、お金を稼げるようになる。就労に対して、これほど大きな結果を得られたのは初めてです。

3.前向きに現実と向き合えるようになった。
 今までの私はどこか現実と向き合うことをためらったり、逃げていたりするところがありました。ですが、島で仕事・生活したり、いろいろな人と出会っていく中で、現実と向き合う勇気が持てるようになりました。

 自分の将来のことや家族のこと、仕事のことなどに対して「もっと前向きに向き合おう!」という気持ちが湧いてくるようになりました。この感覚は、これまでの私の人生において、まったくの未体験のことでした。それだけ、島での生活は現実と向き合うことに深く考える要素がとても大きかったです。


 大崎上島には元々「自活の経験を積む」という名目で行ったのですが、こちらの方も多かれ少なかれ達成できました。他にも得られた結果はいろいろあるのですが、とりあえず一番大きな結果として、上述の3点を取り上げました。

 あらためて、誘ってくださったNさん、お世話になった大崎上島の人々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。東京でくすぶっていた私にとって、今回の大崎上島での3ヵ月間は、私自身に大きな変化と成長を実感することができました。本当にありがとうございました。


 それでは、今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する