女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦1)」

 漫画『女神の拳』のアップです。前回で死亡した加門初音、そこから宮野明美と堀越由美との最終決戦が始まります。タイトルに「vs」と釘打っていますが、どちらかというと戦いの導入部のような内容となっています。

▼1ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦1)」0001

▼2ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦1)」0002

▼3ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦1)」0003

▼4ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦1)」0004

▼5ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦1)」0005

▼6ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦1)」0006

▼7ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦1)」0007

 今回もいろいろカットして、7ページに納めました。この場面はケンシロウとサウザーが最終決戦に挑む場面で、最近イチゴ味で話題のターバンのガキが登場する場面でもあります。が、いろいろ描き切れずカットしているため、ターバンのガキ、加えてお師さんことオウガイとのエピソードもカットしております。その代わりに無理やりではありますが、サウザーの「愛ゆえに…」のセリフは加えました。

 正直言いますと、堀越由美とオウガイとの関係を描いたエピソードを考えていたのですが、早く肉弾戦に移行したかったことと、「それほど詳しく描くまでもないかな?」という判断からボツにしました。これを描けると、堀越由美の体の秘密もうまく説明がいくようになるのですが、そこまで描く必要はないかなと思い、今回の内容に。今後もバトル(肉弾戦)をメインに描いていく予定です。

 今回の場面もカットに加えて、いろいろアレンジしています。ラオウである霞紗玖羅とトキである西村佐知子の登場は、真救世主伝説シリーズに倣って描いています。そのため、登場はシュウである加門初音の死亡後になっています(原作ではケンシロウ到着時・シュウ存命時から登場しています)。


 次回から、いよいよ宮野明美と堀越由美の肉弾戦が始まります。女神の拳、まだまだ続きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する