ブログのコメント欄を私有化する輩への追放宣言




 上述のようなツイート・漫画に出てくるような過激な輩が当ブログにも現れ、非常に不快な思いをした。今回はそれをもとに、私個人が考えていることを洗いざらい書いていく。

 ブログをやっていると、私が書いた記事に対して、批判的・懐疑的なコメントを書いてくる方が出てくる。もちろん、それ自体は問題ではない。そうした相手が来ること・コメントが出てくることも、こちらは承知したうえでブログを運営している。

 ただ、そうした輩の中には過剰な言動のあまり、相手のブログのコメント欄を己自身のサイバースペースであるかのごとく、自分勝手に振る舞う輩が出てくることがある。ブログに限らず、何らかのサイバースペースを持つ者として、こうした輩の言動は看過できない。

 いまの時代、ネット上において個人が自分だけのサイバースペースを持つことが大変容易になった。ウェブサイトやブログ、Twitter、Facebookなどなど…。それにもかかわらず、コメント欄という共有スペースで、上述のような不快な輩が出てくることがある。

 正直に言わせてもらえば、そのような輩はまったくもって不快極まりない。批判的・懐疑的な意見や考えを持つことについては、個人の自由であるから、そこは否定しない。だが、あまりにもそれが過剰な行為となったとき、他人様のサイバースペースを勝手に自分の場所であるかのように振る舞っていくのは言語道断である。

 先ほど書いたとおり、いまの時代は個人が自分だけのサイバースペースを自由に持てるようになった。どうしても言いたいことがあれば、自分のサイバースペースを持って、そこで自由に述べればいい。いちいち他人様のサイバースペースでああでもないこうでもないと我が物顔で書かれるのは不快極まりない。

 以前に私のブログでもそうした輩が現れたのだが、ある日私が決めたブログのコメント欄の承認制について、以下のようなことを書いてきた。

あなたが気にいったコメントしか表示しないという言論統制に反対です。
私に言いたいことがあるならはっきり言ったらどうですか。



 このコメントを見た私は、相手のあまりの身勝手さにいい加減うんざりした。

 この輩はここ最近何度か、批判的なコメントを当ブログに書いてきた。百歩譲って批判的な内容については許容してきたが、上述のようなコメントにはさすがに堪忍袋の緒が切れた。

 当ブログに限らず、サイトの運営者(管理者)は、コンテンツ作りやサイトの管理にいそしんでいる。上述の輩はたった2~3行のコメントしか書かないのに、己の素性もろくに明かさず、ものを言ってくる。それだけで、したり顔でこちらのやることに度々口をはさんでくる。共有スペースで好き勝手言っているだけでなく、己のサイバースペースであるかのごとく振る舞うのは、もはやコメント欄の私有化と言わざるを得ない。コメント欄はサイトを訪れてくださる方々の共有スペースであり、この輩個人のためのスペースではない。

 この輩の言動はあまりに度が過ぎたため、悪意があると認識し、サイトのアクセス禁止・コメント欄書き込み禁止の措置を採った(アクセス禁止の措置をとったのは今回が初めて)。それ以降、この輩からのコメントは来ていない。


 こうしたことを受けて、当ブログではコメント欄を私有化するような輩を追放することも考慮して、コメント欄の承認制を導入した。ネットで検索してみると、同じようなことで悩んでいらっしゃるブロガーさんも多いようなので、今回の導入に踏み切ることにした。

 今回のコメント欄の承認制で、上述のような輩が当ブログのコメント欄を私有化する事態を防いでいこうと思う。上述のツイートのように、そうした輩に今後も関わりたくないし、関わる義務(義理)も無いのだから。


スポンサーサイト
コメント

貧BPさんのブログにも似たような説教コメントがありますね。

Re: タイトルなし

>>のびたろうさん
>貧BPさんのブログにも似たような説教コメントがありますね。
hin-bpさんのところはどうでしょう。
ただ、hin-bpさんのブログのコメント欄も承認制ではありますが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する