大崎上島でのMさんとの出会い

 今日で、私が大崎上島を去ってから、ちょうど2ヵ月になります。日々の生活での健康状態も良く、就活も順調に取り組んでいます。

 大崎上島ではさまざまな方との出会いがありました。いろいろ出会いがある中で、個人的に一番大きな出会いだったのは、Mさん(仮名)でした。今回は、そのMさんとのことについて書いていこうと思います。


 Mさんは、私を受け入れてくれたNさんと同じ大阪出身の方(Nさんは大阪の南部出身ですが、Mさんは北部出身)で、年齢は同い年。Nさん以上に関西弁が流暢でとても明るい方です。関西の某名門大学を卒業したほど、頭の切れる方でもあります。

 そのMさんと出会ったのは、私が島に来てすぐのことでした。ちょうどNさんの家には、私が来る前からMさんとSちゃん(仮名)の2人がすでに居候していました。来てすぐにMさんと知り合い、その後島での生活や仕事でともに日々を過ごしました。

 Mさんは後々島内での借家が見つかり、3月初めにNさんの家を出ました。出てからも何度かお会いすることがあり、一緒に車に乗って島内の温泉に連れて行ってくれることもありました。

 個人的にMさんとの関わりが深かったのは、Mさんは私の悩み事について、いろいろ相談に乗ってくれたからです。就職のことや人生の進路のことなど、Mさんからいろいろなことを学びました。ここまでいろいろと相談に乗ってくれた方は、NさんとMさん以外にいませんでした。そうしたこともあり、島内での人間関係の深さでは、Nさんの次に深かったのがMさんでした。


 島を去ってからはMさんと連絡はとっていません。一応SNSでつながってはいるので、そのうち連絡できたらしようと考えています。

 Mさんは自身の都合で10月には島を出て、姫路に向かわれるそうです。その後はどうするかはまだ聞いてはいません。またお会いできたら、大崎上島か他の場所での再会をしたいです。それだけMさんは、人を惚れさせる魅力があります。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する