女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」

 漫画『女神の拳』のアップです。前回の続きです。技名は「神龍有情猛翔破(しんりゅううじょうもうしょうは)」。

▼1ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0001

▼2ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0002

▼3ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0003

▼4ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0004

▼5ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0005

▼6ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0006

▼7ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0007

▼8ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0008

▼9ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0009

▼10ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0010

▼11ページ目
女神の拳「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」_0011

 ついにサウザーである堀越由美との戦いもクライマックスに突入。描いたページも初の10ページ超えという多さに。今回はだいぶ力が入りました。

 ストーリーの流れはおおよそ原作通りですが、場面によっては真救世主伝説シリーズの内容を参考にしています。特に6ページ目の「退かぬ媚びぬ省みぬ」の場面は、真救世主伝説にならって3アングル(カット)の描写にしました。原作やテレビアニメ版では1アングルのみでしたが、この場面はサウザーの名言が出る場面でもあるので、一番インパクトがある真救世主伝説の描写に沿って描きたかったこともあり、その通りにしました。

 あと、8ページ目の堀越由美が飛ぶ場面も、真救世主伝説の描写をもとに描きました。原作では単純に突っ込むだけでしたが、真救世主伝説ではちゃんとポージングして飛びあがっています。この場面も真救世主伝説の方がインパクトあったので、そちらの描写で描きあげました。

 さて、サウザーこと堀越由美との戦いもクライマックス突入ということで、ますます感慨深い。ついにサウザー戦も終わるとなると、けっこうストーリーも進んだような気がします。

 それと、今回11ページという枚数を描きあげるのはかなりハードでした。『女神の拳』を描きあげる際、基本的にストーリーがあまり長引かないように、「多くても7~9ページ」とページ数の区切りを決めていました。とはいえ、今回は描くのに必要ないろいろ描写が増えたため、結果的に11ページとなりました。ハードではありましたが、なんとか描きあげることができて、良かったです。


 次回で、堀越由美は最期を迎えます。女神の拳まだまだ続きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する