前衛的言動にはお金の搾取という危険性がある

 最近hin-bpさんのブログで知ったのだが、「レールに沿ったつまらない生き方は嫌だ」として、ある大学生が大学を中退して起業すると述べたブログの記事が現在話題になっているという。それが↓の記事。



 一応読んでみたのだが、この記事に対してさまざまな意見がネットで飛び交っているという。いくつか読んでみたのだが、私が一番しっくりしたのは、ブロガーである付利意雷布亜(ふりいらいふぁあ)がお書きになった↓の記事。



 こうした「新しい生き方」だとか「雇われない働き方」だとか、既存の社会概念や常識から逸脱した言動について、私は前衛的言動と呼んでいる。上述の学生もこうした前衛的言動に乗り出した人物の一人だ。

 だが、前衛的言動というのはとかくお金が絡むことが多い。その悪い例が今回、付利意雷布亜さんも述べられていること。すなわち、前衛的言動に逃げた人々をカモにして、何らかの形でお金を搾取するシステムである。

 付利意雷布亜さんの記事で詳しく述べられているのだが、こうした前衛的言動をやたら強調する人物というのは、精神的負荷がない甘美な言葉で人々を惑わす。そしてそれに感化された人々を自分のセミナーなりサロンなりに引き込んで、お金を巻き上げる。

 こうなると、もはや単なるテーマパークである。一歩立ち止まって考えてみれば分かるが、そんなテーマパークにいたところでお金が稼げるわけでもなければ、何か得られるわけでもない。結局、量産される甘美な言葉ばかりに埋もれていくだけのカモとなるわけだ。

 三枝さんが運営されているNPO共育学舎のようにお金を一銭もとらず、純粋な善意で運営されているのなら、こうしたことは起きない。しかし、中途半端に金が絡むと、甘美な言葉を発してでも金を得ようとする活動に成り下がってしまうのだ。これは行政からの補助金目当てで運営されている、一部の悪質な障碍者就労支援などの福祉事業についても同じことが言える。


 上述のような活動について少し考えたのだが、金のためのカモ探しにならない純粋な活動というのは、お金を取らない活動にしてみることだと思う。三枝さんのNPO共育学舎やかさこさんの無料セミナーのような感じに。

 もしお金を取るとしたら、やる側・受ける側が双方納得してウィンウィンの対等な関係になるような活動じゃないと難しいだろう。

 最も理想的なのは、やる側・受ける側双方がお金(もしくは職能など別のこと)を得られることだろう。「本当にお金が稼げるのか?」という胡散臭さは出てしまうが、それを払しょくできるほどの活動であれば、参加のモチベーションが一番上がりやすくなる。いなかでのコネを通じた仕事紹介は、まさにこれにあたる。信頼関係など他に必要な条件などハードルも高いが、実現できれば一番のウィンウィンの対等な関係になるだろう。

 前衛的言動は掘り出してみるとネガティブな要素がいろいろと多いが、その反面ポジティブな解決策も上げていかないと、前には進めない。そのことを深く考えて、どうやればもっと良い案が出るか、考える良い機会となるはず。そうなればいちいち前衛的言動を気にする必要などなくなるであろう。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する