「なんのために働くのですか」という問いに対する返答

 以前へんりさんという方から、「なんのために働くのですか」という問いのコメントをいただいた。正直この手の質問は簡単に答えられるものではないので、「それは簡単に答えられる質問ではないですねえ…。」と返答。そしたら先方から「じゃあブログの記事にしてくださいよ」というさらなるコメントが。

 まだまだいろいろなことを模索中の私ごときに、働く理由を聴いてくるのは正直驚いた。とはいえ、せっかくの機会なので、この際私が働く理由について答えてみることにした。


 まず働く理由にお金のことが絶対にあがる。当たり前のことなのだが、一番重要。しっかり働く以上は、お金をしっかり稼ぎたい。

 となると「何のために稼ぐのか?」という問いが出てきそうだが、これについては正直まだ具体的には答えられない。とは言っても、ギャンブルなどの大金のかかる娯楽につぎ込むつもりは毛頭ない。

 やはり将来のさまざまな物事に備えて、稼いだお金はなるべく貯金したいと考えている。将来貯金したお金で、自分の人生にとって何か有意義なこと(熊野や大崎上島での活動参加など)に使いたいと考えた時に、使えるようにしたいと考えている。現時点では軍資金という名目で貯金したい。

 次にスキル(職能)の習得があがる。これは正社員勤務を目指す・するうえで欠かせない重要な要素だ。

 正社員勤務というと、世間では(非正規雇用に比べて)給料や社会保障、福利厚生の面で有利とされている。とは言ってもそれだけではない。これはサポステの相談員の方も仰っていることなのだが、正社員勤務では(仕事にもよるが)何かしらのスキルが、働きながら身につけられる可能性がとても大きい。働きながらスキルが身につけられれば、それが立派な職歴となる。そうなれば、転職や何かしらの活動に従事する際に、自分自身の立派なアピールポイントとなる。


 他にも細かいことでいろいろあるのだが、大きく考えられるのは上述の2つだ。やはり働くことを目指す以上は、この2つのことを吟味するのは欠かせない。とりあえず、返答としてはこんなところである。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する