女神の拳「西村佐知子vs霞紗玖羅(最終決戦1)」

 久々に漫画『女神の拳』のアップです。リュウガである久住舞子の死から続く形で、ストーリーは進行します。

▼1ページ目
女神の拳「西村佐知子vs霞紗玖羅(最終決戦1)」001

▼2ページ目
女神の拳「西村佐知子vs霞紗玖羅(最終決戦1)」002

▼3ページ目
女神の拳「西村佐知子vs霞紗玖羅(最終決戦1)」003

▼4ページ目
女神の拳「西村佐知子vs霞紗玖羅(最終決戦1)」004

 今回からトキである西村佐知子とラオウである霞紗玖羅との最後の戦いが始まります。タイトルに「vs」と書いてますが、内容としては戦いの導入部といったところです。西村佐知子と霞紗玖羅との戦いは以前にも描いてますが、今回は2度目。北斗の拳におけるトキとラオウの戦いは2回あり、今回のはその2回目に当たります。それゆえ、タイトルには「最終決戦」の文字を入れてあります。

 ストーリーは、佐知子と紗玖羅がかつて修業時代に誓った約束を守るべく、両者は最後の戦いに臨むところから始まります。北斗の拳では少年時代の誓いでしたが、女神の拳では修業時代という設定に変えました。

 ページはたったの4ページ。ここ最近は夏バテやら眠気やらでまったく筆が進まず、製作が難航していました。そうしたこともあり、構想段階の時点でなるべく短い内容にしようと思い、ページ数を4ページに圧縮。不要な描写をことごとくカット。そうして出来上がったのが、今回のストーリーです。なんとか完成まで持ちこたえました。

 今回は導入部のような内容なので、次回から激しい肉弾戦の描写が入ります。女神の拳、まだまだ続きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する