2016年の名古屋・京都旅行記録(3)

前回の記事はこちら


 投稿が遅れてしまいましたが、名古屋・京都の旅行記録の記事は今回が最後です。

 17日の最終日。朝はゆっくり起きて、9時にホテルをチェックアウト。目指すは嵐電の四条大宮駅。四条大宮駅から終点の嵐電嵐山駅まで向かいます。

嵐電

 嵐電は一部区間が路面電車のように一般車道に出て走行します。路面電車は広島での広電以来の乗車でしたが、普段路面電車に乗らない私にとってはとてもいい経験でした。

 そして嵐山へ到着。嵐山ではまず渡月橋へ向かいました。

渡月橋

 雄大に流れる桂川と、後ろに見える嵐山の山々、そしてかかる渡月橋の景色が見事でした。渡月橋とその近辺を歩いた後は、竹林の小径へ。

竹林の小径

 相変わらず観光客でごった返していましたが、しばらくして人が減ったので、しばし落ち着きました。この日は雨上がりで少々暑い日でしたが、竹林は涼しく、自然本来の居心地の良さもあって、とても気持ちが良かったです。

 嵐山にしばらくいた後、山陰本線に乗って京都駅へ。ですが、帰りの新幹線は18時代の便に乗るのですが、その乗車時間までまだ5時間ほど(!)時間が余ってしまい…。特に予定もなかったのでどうしようか京都駅の駅ビルで考えていましたが、ふと清水寺と三十三間堂へ行くことを思い立ち、そのまま徒歩で向かいました。

 清水寺はいつ来ても、やっぱり混んでいます、観光客(特にインバウンド)ばかりで今までの名所以上にごった返していました。清水寺では一部区間が修復工事により、あまり長居できませんでした。なので、10分くらいで見物終了。何度も来ているので特に目ぼしい写真も撮れませんでした。

 次に三十三間堂へ。ここも以前訪れてはいるのですが、時間もまだ余っていることもあり、立ち寄ることに。千体もの仏様の像が並んでいる光景は他では見れない有難さを感じました(三十三間堂では写真撮影禁止なので、写真は無し)。

 両者を訪れた後、再び京都駅へ。戻った時は乗車時間の約2時間前。そこそこ時間があったので、以前伯父から聞いた京都駅近くにあるとあるラーメン屋へ。それは「新福菜館」。そこで特盛ラーメンを注文。

新福菜館のラーメン

 ラーメンはとてもボリュームがあり、チャーシューやメンマにも味付けがしっかりされていて、とても満足できるおいしさでした。

 まだ少々時間があったので、京都駅の駅ビル内をぶらり。そして新幹線に乗り、品川駅で降りて、無事東京へ。家に着いたのは21時過ぎでした。


 今回久しぶりの名古屋と京都への旅行でしたが、とても良い時間を過ごせました。なにより、名古屋で半熟卵さんにお会いできたのは、誠に嬉しい限り。今回のことも通して、半熟卵さんとは今後もご縁を深めていきたいと思います。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する