当ブログは雑多なサイバースペースじゃない

 以前とある人物から記事執筆の要望があったので、記事を書いて投稿した(詳しくはこちら)。

 記事を投稿したのはいいが、記事を要望した当人からの「記事にしてくださって、ありがとうございます」といったお礼の言葉はまったくなかった。それどころか、別の記事で説教じみたコメントを書いてきた。さすがに目に余る行為だったので、私は相手に対し「(自分の行ったことに対して)よくよく考えてください」という主旨の返答をした。

 ところが、当人はそんなことは「どこ吹く風」と言わんばかりに無視(?)して、別のコメントを書いてきた。コメントを書くこと自体は悪いことではないのだが、いかんせん内容が少々つっかかる質問文ばかり。さすがの私も相手をするのがうんざりだったので、「自分の頭で考えたら?」という返答をした。

 少し時間が経って、当人の質問に対して別の人が回答した。当人はその質問に対して「ありがとうございます」といった礼節ある対応をした。

 それを見た私は思わず「はあ~!?」と声を上げた。私のブログで「記事を書いてくださいよ」と要望出しといて、質問して来ては答えさせておいて、お礼の言葉を出さなかったくせに、他人の返答に対してはしっかりとお礼を言う行為。この有り様を見て、さすがに私は不快な気分になった

 当ブログに対して、コメントを書いたりすること自体は問題ではない。だが、記事執筆の要望や質問に対する返答を要望しておいて、それに対する礼節がないとは何事か。それも1回ではなくも複数回も。なのに他の方が書き込んだたった1回の返答に対してしっかりお礼の言葉を述べる。こんなあからさまなことをしておいて、こちらが不快にならないとでも思っているのか。

 当ブログの記事や私のコメントに対してどう思っていようが、それは個人の自由であるから、大いに結構。だが、記事執筆の依頼や質問に対する返答に対しては、お礼の言葉を述べるという基本的な礼節がないというのはどういうことか。いくらなんでも目に余るものがある。

 この人物は当ブログを大型掲示板のような雑多なサイバースペースと勘違いしているのか。ハッキリ言うが、当ブログはそのような雑多なサイバースペースではない。記事執筆や質問に対する返答の時間や労力なんてたかが知れているが、少なくともそれらに対する必要最低限の礼節も守れないような輩が当ブログに来るのは非常に不快であるし、来てほしくない。


 以前こちらの記事でも不快な輩が出てきたばかりだったが、今回は今回でとても不快だった。アクセス禁止の措置を取るほどではないものの、正直今回の人物に対しての返答及びコメントの表示についてはやめることにした。

 礼節なしの文章が書きたければ別のサイバースペースに行けばいいし、自分の欲する回答が欲しければ『Yahoo! 知恵袋』にでも行って質問すればいい。記事執筆の要望や質問のコメントそのものは大いに構わないが、それらに対する礼節がないというのは、こちらとしても対応する気が失せる。とにかく、この人物とのやり取りにはいい加減うんざりした。もうこれ以上は関わらないことにする。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する