若者ハローワークの「ジョブクラブ」に参加します

 東京で11月で初雪という寒い日の昨日、私は渋谷にある東京若者ハローワーク(以下:若ハロ)に行ってきました。行ってきた理由は、若ハロで開催されているジョブクラブに参加の手続きをするためです。今回参加するのは、12月中の第8期ジョブクラブです。

 ジョブクラブとは、週3日の2週分、計6回分行われるセミナーです。若ハロで定期的に行われており、新卒求職者以外の若者を対象にした就活セミナーです。詳しくは↓の公式サイトのリンクをチェック!



 ジョブクラブに参加しようと考えた理由は主に↓の3つ。

1.現時点で目指そうとしている就活の方向性の再確認。
2.就活における仲間づくり。
3.就活に対するモチベーションアップ。



 1番目は、私が就活において現在目指している選択肢である製造業・倉庫業・Webデザイン・統計調査に対する再検証といったところ。ここ最近の製造業という選択肢については「本当にこのまま目指していいのだろうか?」という疑問が湧いています。そうしたこともあり、今回のジョブクラブでそれらの選択肢に対する認識について、あらためて考え直そうとする所存です。選択肢の内容や優先順位について、現状維持なのか、新しく変えるのかを今回のジョブクラブの参加で検証します。

 2番目は、今後の就活を孤独なレースにしないための仲間づくりです。やはり一人での就活はしんどいので、誰かと数人で組んで就活を進めていければ、就活のモチベーションにも大きく影響します。過去のジョブクラブ参加者も、参加後に親しい関係になって、無事就職の合格をつかんだ方もいると聞きます。それだけ仲間の存在は大きいので、可能であれば仲間のネットワークも構築したいところ。

 3番目は、文字通り就活のモチベーションのこと。ここ数日はコレといった求人も無かったので、応募すらもできず、就活が足踏み状態でした。その現状を打開すべく、今回のジョブクラブへの参加を決めました。現時点では応募している企業も特にないので、1・2番のことをやりとげるためにもジョブクラブに専念しようと考えています。

 これらのことはサポステの方との相談で決まりました。相談の前に、私自身がジョブクラブへの参加を検討していたので、サポステの方からジョブクラブ参加への提案があった時は、お互いの意見がピッタリと合致しました。そうしたこともあり、まさに今回のジョブクラブの参加は今の私に必要不可欠な要素ということでドンピシャでした。


 就活そのものは今後も続けていきますが、メインはこのジョブクラブを中心に活動していきます。良い結果が出るように希望をもって、参加したいと思います。それでは、今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する