女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」

 2017年に入ってからの漫画『女神の拳』のアップです。いろいろと執筆をすっぽかしていましたが、ようやく完成しました。今回から、最終章へと突入します。

▼1ページ目
女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」001

▼2ページ目
女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」002

▼3ページ目
女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」003

▼4ページ目
女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」004

▼5ページ目
女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」005

▼6ページ目
女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」006

▼7ページ目
女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」007

▼8ページ目
女神の拳「ジュエル初登場、霞紗玖羅vsジュエル」008

 1ページ目に描かれている仮面の人物は「南斗最後の将」ですが、ここでは冥界における最高位の人物「神」として登場します。神の設定についてはいろいろ考えていますが、ここでは深く述べません。ストーリーが進む中で、神の存在や正体も明らかにしていく予定です。

 今回で初登場となるジュエルですが、彼女の立ち位置は『北斗の拳』における海のリハクです。このジュエルというキャラについてご存じない方も多いと思うので説明させていただくと、彼女は青山剛昌先生の長編漫画『YAIBA』に登場するキャラです。私は『YAIBA』が大好きでして、今回海のリハクに当たるキャラを出すにあたって、彼女を出すことにしました。

 当初リハクに当たるキャラは、宮野明美の母親である宮野エレーヌを出す構想を考えていました。しかし、彼女に関する資料が乏しく、なかなか構想を具現化することができませんでした。そうしたこともあって彼女を登場させるのは断念しました。

 それでリハクに当たるキャラをどうするか考えていると、ふとジュエルのことを思い出しました。彼女をリハクにする構想を考え構想を練った末、ようやく具現化することができました。

 『女神の拳』執筆にあたって描いてはいませんが、南斗五車星の拳士達の案も浮かびあがりました。ジュエルに続き、『YAIBA』のキャラ達でまとめています。とりあえず文章でまとめると以下のような感じです。

風のヒューイ――――風のサファイア
炎のシュレン――――炎のルビー
雲のジュウザ――――雲のダイヤモンド
山のフドウ―――――山のエメラルド
海のリハク―――――海のジュエル



 今回登場したのはジュエルだけでしたが、彼女をリハクにしたおかげで、他の五車星のキャラ達にも割り振ることができました。宮野エレーヌでは、ここまでできませんでした。

 さて、そのジュエルですが、『YAIBA』で描かれていたような強さはありません。あくまで一軍師としての位置づけです。ちなみにリハク原作ではわなを仕掛けるだけでしたが、テレビアニメやガルダ外伝では拳法を使っています。

 今回は神の城に進行してきた霞紗玖羅を、ジュエルが罠を使って足止めしようとするも通じない、といった場面です。やはりラオウの凄まじい力を表す場面は描いていて、楽しいですね。自分で言うのもなんですが、これからの展開を描いていくのが楽しみです。


 女神の拳、まだまだ続きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する