身口意三業

 昨日サポステの面談だったので、私の担当である相談員のTさん(仮名)に現在の進展について、いろいろ報告した。私が「何もない状態に火をつける」という話をした際に、Tさんは興味深く聞いてくださった。そこでTさんはある言葉を教えてくださった。

 それは「身口意三業」という言葉。

 読み方は「しんくいさんごう」。Tさん曰く、仏教の教えにある言葉だそう。この言葉の意味や解釈については調べてみるといろいろ出てくるのだが、ここではTさんが説明してくださったことを書いていく。

 身口意三業という言葉の漢字には、それぞれ下記の意味があるという。

身=動く・行動する
口=言葉にする・明確にする
意=感情が来る



 これら三つの言葉を合わせて三業という。三業は人間の行動パターンについて表したものだそうで、その順番によって、その人の行動した結果に影響するのだという。普通の人は上記の三業について、右から行動パターンに陥ってしまうという。分かりやすく書くと、下記のようになる。

 意→口→身

 すなわち「感情が先に起きて、その後に意識化して、最後に行動を起こす」という流れになる。だが、実際にこれだと最初の感情に左右されて、最後の行動まで起こせなくなるという悪いパターンになるという。

 そこで仏教の教えでは、右からではなく左からの行動パターンで動くと結果的に良い結果が出せるという。分かりやすく書くと、下記のようになる。

 身→口→意

 すなわち「行動を起こして、その後に意識化して、最後に感情を起こす」という流れになる。ここで注目すべきなのは、最初に行動を起こすことによって、結果的に何かしらの結果を得ることができるという行動パターンができあがるのだ。どういう結果になるかはさすがに物事に寄りけりではあるが、少なくとも感情に左右されて動けないよりかは、良い結果が残せるという。

 この言葉を教えてくださったTさんはかなりの行動派で、自身曰く「石橋を叩かないで渡る」と仰るほど、いろいろな物事にチャレンジしてきたという。その分、大事に至るほどの失敗も重ねてきたそうなのだが、得られる結果や物事も多かったという。

 Tさんはそうした自身の経験もあって、私が現在の就活において「何もない分、とりあえず何か動いてみる」という動きについて、とても賛同してくださった。

 身口意三業の意味をおおまかに言えば、「まずは動いてみるとことで、何かしら目的を達成してみる」ということ。私は就活に対してポツンと明確な糸口がない状態になので、なおさら今回の言葉にはビビッとくるものを感じた。動くことをやめず、これからも継続していこうと思う。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する