女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」

 漫画『女神の拳』のアップで、前回の続きです。就活やら何やらで、かなりの間スッポかしていましたが、なんとか2月中に完成することができました。技名は「神龍剛掌波(しんりゅうごうしょうは)」「無想転生(むそうてんせい)」。

▼1ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」001

▼2ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」002

▼3ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」003

▼4ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」004

▼5ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」005

▼6ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」006

▼7ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」007

▼8ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」008

▼9ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」009

▼10ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」010

▼11ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」011

▼12ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」012

▼13ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」013

 今回は久々の10ページ越え。しかも初の13ページ(!)。今までの最大ページ記録は「宮野明美vs堀越由美(最終決戦5)」の11ページでしたが、今回のはそれを上回るページ数になりました。

 今回の見どころは、やはり究極奥義である無想転生の登場です。強敵(とも)達との闘いの中で哀しみを背負っていったケンシロウが、あらゆる奥義をきざみつけ、最終的に無想転生まで至りました。それがついに宮野明美にもきました。これで宮野明美は、神龍拳史上最強の女となりました。

 強敵(とも)達が出てくる描写ですがレイである平良伊江、トキである西村佐知子、シュウである加門初音、サウザーである堀越由美、リュウガである久住舞子。各々のキャラが再登場しています。シンである今岡汀は、女神の拳においては平良伊江の強敵(とも)であるため、ここでは不在。

 今回もいろいろカットしている場面はあります。泣く泣くカットしたのは、流れる闘気でトキの分身を出しながら移動する場面。本当は宮野明美と西村佐知子でそれを再現してみたかったのですが、面倒だったのと構想がうまく描けないことから断念。

 無想転生の場面描写については、原作を参考にしていますが、ゲーム『真・北斗無双』のムービーからも参考にしています。あちらもかなりいろいろとまとまっている描写なので、今回の執筆にはとても参考になりました。


 女神の拳、まだまだ続きます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する