ジョブクラブメンバーとの2度目の飲み会

 ここ最近、ブログの更新をすっぽかしていましたが、久々の更新。

 昨晩は、とてもうれしいことがありました。それはタイトルにもあるジョブクラブメンバーとの2度目の飲み会です。飲み会を兼ねたジョブクラブメンバーとの久々の再会でした。

 メンバーの一人であるYさん(仮名)が幹事となり、彼の呼びかけでメンバーが集まりました。全員参加は実現できませんでしたが、昨晩は私を含め9人(うち2人は途中参加)が集まりました。

 今回はその飲み会のことについて、書いていきます。


 飲み会当日である昨日。場所は渋谷にある某居酒屋で飲み会が行われました。ここはメンバーの一人であるIさんが教えてくださったお店で、飲み放題を含め、かないリーズナブルな値段で飲食ができます(会計した時、1人2000円ほどでした)。

 このお店で最初に集まったのは私を含めて7人。Yさん・Fさん(仮名)・Aさん(仮名)・Kさん(仮名)・Kさん(仮名)・Iさん(仮名)。私とYさん・Aさん・Kさんはまだ求職中ですが、他の方は就職がすでに決まっており、昨晩は各々の職場から今回の飲み会のお店まで直行してきてくれました(Kさんが2人いますが、本名は別です)。

 Kさんは専門学校の営業マンとして、Fさんは学習塾に、Iさんは印刷会社の営業マンとして、それぞれ就職しています。飲み会では、彼らの話を聴く機会もあって、仕事や就活に関する話をいろいろ聴けました。

 2時間ほどで飲み会は終了。その後2人が途中参加で来るということで、別の居酒屋に場所を移しての2次会が開かれました。

 後から来た2人も就職が決まっており、前述の3人と同様に各々の職場からお店まで直行してきてくれました(皆さん職場から渋谷までは近いそうです)。

 後から来てくれたのは建築系デザイン業で働く男性のSさん(仮名)と広告代理店でファッション関係のお仕事をされている女性のSさん(仮名)。お二人のお仕事に関しても、いろいろ話を聴くことができました。

 で、ここからはお仕事や就活に関することを書いていきます。

 就職が受かって働いてらっしゃる皆さんは、各々の仕事について難しさや大変さを感じることがあっても、やりがいや充実感を感じて、生き生きと働いているそうです。

 広告代理店に勤めているSさんは残業続きな日も多いとのことですが、やりたい仕事・興味持てる仕事をやることができるということで、とても輝いていました。

 そういった皆さんの様子を見て、私は「仕事に対する姿勢って、結局その人自身がどうするかなんだな」と実感しました。「残業だ~、給料が低い~、嫌だ嫌だ嫌だ…」と仕事に対して何もしないまま愚痴ってくすぶるのではなく、「どうしたら良くなるか?」を考えて前向きに・主体的に取り組んで解決していくことが大事なんだと、あらためて実感しました。

 それともう一つ。今回飲み会でとても為になったのが、Iさんから教えてもらった志望動機がテンプレート化しないための就活の考え方・やり方です。

 私はふとIさんに「複数の企業を受けていて、志望動機がテンプレート化(形骸化)しないために、Iさんはどういったことをされていましたか?」と尋ねてみました。すると、Iさんが親身になって答えてくださいました。

 いろいろ話してくださったのですが、個人的に印象深かったのは自分の言葉で語るということ。受ける企業ごとに、その企業の「どういった所が良かったのか?」「将来性があると感じたのか?」「どういった所が好きになのか?」などを念入りに考えて、書類や面接の内容に盛り込んでいたそうです。Iさんはかなり詳しく調べたそうで、面接の際にはジョブクラブのテキストに書いてある面接の問答練習で、答え方を一問一答しっかり準備したとのこと。

 「自分の言葉で語る」というのはサポステのTさん(仮名)からのアドバイスでも聴いていましたが、就活で受かった実績のあるIさんの話を聴くと、さらにその重要性を認識できました。Iさん曰く「テンプレートでうまく受け答えできる人よりも、ガチガチに緊張していても自分の言葉で語っている人の方が受かりやすい」と。


 そうして2次会も過ごしているうちに、23時半を回ったので、そこでお開きになりました。途中で帰った方もいたので、最終的に残っていたのは私を含め7人。女性のSさんは「まだ飲み足りな~い」と話していましたが、さすがに終電とかが危うかったので、お開きに。

 今回の飲み会ですが、とても有意義な時間を過ごせました。皆さん会話を良くされていたこともあり、あまり飲食はされていませんでした。お仕事や就活のことについても、いろいろお話が聞けたので、とても良かったです。

 次回もジョブクラブメンバーと再会できたら、ぜひその時ももう一度お会いしたいです。そう思える一日でした。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する