志望動機がテンプレート化しないための就活

 以前こちらの記事でも書きましたが、私の就活はここ2週間ほど停滞気味でした。特に志望動機がテンプレート化してしまい、応募先の求人に対する熱意や想いを表現できないのがネックでした。そうした中で、今日はサポステの面談日。相談員であるTさん(仮名)に私の現状について、先週からいろいろと相談に乗ってもらいました。

 で、早速ですがNさんからテンプレート化しないための就活のアドバイスをいただきました。

 それは「応募先の企業の好きな所や良い所をとことん挙げて、そこに自分の思いや熱意をリンクさせて、志望動機や自己PRを書く」というもの。

 応募先の企業の好きな所や良い所をとことん探してつきつめていくことで、自分の言っていることがテンプレート化しない就活ができるそうなんです。

 このことを教えてくれたのはサポステのTさんもそうですが、私の現状を知ってSNSでコメントを寄せてくださった大崎上島のNさん(仮名)やジョブクラブのメンバーであるIさん(仮名)のおかげでもあります。

 お三方のお言葉に共通していたのは、自分の軸(自分自身の好きなことや得意なことなど)で考えても熱意や想いの面でまとまらないなら、先方の応募先の軸(強みや将来性、特色など)で物事を考えてみるということ。すなわち、応募先のことについてもっと見るべきだということ。Nさんの言葉をお借りするなら、「自己分析も大切なんやろうけど、受ける相手方の会社のこともっと見つめてもいいんじゃない?」ということ。

 確かに今までの私は自己分析ばかり気を取られて、相手のことをあまり顧みていませんでした。ここはかなり盲点でした。

 応募先の企業の求人だけでなくホームページを見たりした際に、「ここ微妙だなあ…」とネガティブに見るのではなく、「この企業の良い所はないか?」とポジティブに見るだけでもかなり違うのだとか。

 さらに驚いたのは、そうしてポジティブに見ながら応募先の企業の好きな所や良い所を探していくことで、最終的に自分自身のやりたい仕事や適職について徐々に分かってくるのだということ。

 Tさん曰く、初めから自分の言葉で語れるような好きな仕事・適職探しは難しいのだとか。自分自身の言葉で語れるほどの自分の内面で好きな仕事や適職が分かるようになるのは、いろいろな仕事を経験してからでないと難しいそうなんです。ということで、自分自身の好きな仕事や適職が分かるようになるためにも、今回のようなテンプレート化しないための就活は大事なんだそうです。これはとても参考になりました。


 ここ1週間は少々メンタルが沈んだ状態になっていましたが、今日の面談のおかげで就活の方向性がいくらか見えてきて、具体的にやるべきこともいくらか見えてきました。足踏み状態の現状から、脱却できそうです。

 就活についてサポステで相談したことは他にもあるのですが、とりあえず今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する