ため息と「嫌になっちまうな」という口癖

 最近、いろいろな物事が不調なこともあって、ため息がよく出るようになった。それに加えて、「嫌になっちまうな」という言葉が口癖になっている。

 就活とか、今ある生活とか、やはりうまくいかなくなると、劇的に良くなる解決案(突破口)というものがどうしても欲しくなる。だが、そういったものはなかなかない。ないからこそ地道にやっていくしかないのだが、それはそれで腑に落ちず、イライラなどのネガティブな感情がこみあげてくる。

 かといって具体的にどうすることもできないので、手の施しようがない。嫌になっちまうな…。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する