スーパーの品出しバイトのインターンシップ(3)

前回の記事はこちら


 サポステの就労移行支援であるスーパーの品出しバイトのインターンシップも今日で3日目。今日もコツコツ働いてきました。もうこのインターンシップも半分が終わりました。

 今日の作業は、パプリカ・ズッキーニ・ニンジンの袋詰めでした。そろそろ以前にやった青果の作業が重複するようになりました。作業自体は特に問題なく進んでいます。

 しかし、やはりこうした作業で求められるのは「スピード」。なかなか効率良く作業を進めるのには、まだまだ至っていません。今後の課題でもあるので、何とか対策を考えておきたいところ。

 今日で3日が経ちましたが、野菜や果物といった青果物(農作物)に関連する作業に従事できるというのは、個人的にとてもうれしいです。やはり、和歌山県の共育学舎や広島県の大崎上島で農業のお手伝いをさせていただいた経験があるので、それを思い出します。特に夏野菜のみずみずしさを見ると、一層そのことを思い出します。


 明日も同じように出勤して、コツコツ働いてきます。それでは、今日はこの辺で。


つづく


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する