スーパーの品出しバイトのインターンシップ(4)

前回の記事はこちら


 サポステの就労移行支援であるスーパーの品出しバイトのインターンシップも今日で4日目。今回のインターンシップも、いよいよ終わりに近づいてきました。

 今日の作業はレタスの袋詰めのみでした。作業時間の大半は普通の商品棚に並べられる綺麗なレタスの袋詰め。その後で傷んだ所を除いた小さなものなどの訳ありレタスの袋詰めを行いました。

 それと、今日は作業場で働く他のスタッフの方々と会話する機会がありました。会話では、こちらのことをいろいろ聴かれました。出身地のこと、他のスーパーの店舗のこと、などなど。作業中には、スタッフの一人である男性のIさん(仮名)が道具の使い方や効率良く作業を進めるためのやり方を教えてくださいました。この機会から、皆さんとちょっとばかり親しい距離が出来たような感じがして、非常にうれしかったです。

 作業後のミーティングで知ったのですが、今日は鮨の作業場で働いている参加メンバーが体調不良でお休みしたとのことでした。あくまで人に聞いた話ではありますが、青果に比べて他の部署では忙しかったり、覚える作業工程が多かったりと、いろいろあるそうです。今回私が選んだ青果は幸か不幸か、今のところそれほど難しいことは要求されていません。今のところ、袋詰めなどの単純作業が多いです。


 明日でいよいよこのインターンシップも最後となりました。気を抜かずに頑張っていきます。それでは、今日はこの辺で。


つづく


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する