他人を動かすことに執着する人=嫌われる人

 数日前にジョブクラブのメンバーの1人であるIさん(仮名)が、自身のSNSで↓の画像をアップした。その画像がとても興味深かったので、今回はそれに関する話題を取り上げていく。

嫌われる人

 この画像は「嫌われる人」について書かれたもので、その特徴が文章として書かれている。で、今回私がこの画像に興味を持ったのは、この特徴がある特定の輩の特徴と合致していると気づいたからだ。

 それは他人を動かすことに執着する輩である。

 当ブログでも何度も取り上げてきた、他人を動かすことに執着して、自分自身を動かそうとしない愚か者のことである。まさにその愚か者と↑の画像に書かれている内容が、驚くほどに合致している。

 嫌われる人の特徴というのはいろいろあるのだが、下記のリンクのサイトの記事ではより詳しい特徴が書かれている。



 このサイト記事を文章を読んで、より強く確信した。

 「他人を動かすことに執着する人は、嫌われる人なんだ」

 と。ほとんどの特徴については上述の画像やリンクの記事で書かれているのだが、こうした輩の特徴で一つだけ私の方から追記したい特徴を述べる。

 それは自己開示しないこと

 自己開示しないというのは、自分自身のことについて一切語らないということ。自分の概略(プロフィール)や経歴、仕事、生活、趣味、目標などなど。自分のことは何一つ語らない。

 なぜ語らないのか? それは自分に自信がないからである。自信が持てるようなことを何一つやってこなかったからであろう。仕事でも、プライベートでも、自信になるようなことをやってきたのであれば、それを自ら発信し、他者との交流に役立てることができるはずである。それをしないということは、普段から自信になるようなことをしなかったからであろう。

 自分に自信がないのであれば、自信がつくように自ら考えて行動すればいいのである。それをせずに他人を動かすことばかりに執着するのは、自らリスクを背負うことから逃げている臆病者であり、他人を動かすことで己の浅はかな自尊心や正義感、承認欲求を満たそうとする卑怯者なのである。

 こうした輩は言うだけ言っておいて、責任を背負うつもりはまったくない無責任な輩なのである。責任もろくに背負えない者が他人を動かそうとするなど、愚劣極まりない。こうした輩は排除すべきである。

 大体少し考えてみれば、他人を動かすことなんて、無謀かつ無粋なことぐらい分かるだろう。そんな簡単に他人を動かせるのであれば、世の中戦争も経済不況もない。総理大臣になって国政を動かすことだってできる。

 そうした力もなく、嫌われる特徴を持った輩の言うことなんて、誰も聴きたくない。そんなのが周りにいるだけでも気持ち悪い。22世紀のロボットであるドラえもんだって呆れてしまう。



 何度も言っているが、動かすべきは他人ではなく、自分自身なのである。自分をまともに動かせない輩が他人を動かすなど、言語道断である。どうしても他人を動かしたいのであれば、他人を動かすだけのリスクや責任を背負うべきである(会社の経営者や組織のリーダーのように)。

 それができないのであれば、さっさとやめて、自分で自分を動かせばいいのである。ただそれだけのこと。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する