メインストリームからイレギュラーな選択肢への検討

 今後の人生や生活における選択肢や考え方について、いろいろ書きまとめてみます。

 2016年の大崎上島での長期滞在から帰ってきて以降、私はメインストリーム(一般・通例)で言われている選択肢・考え方でやってきました。分かりやすく言うと、下記のような感じになります。

1.目標を持って、それに向けて行動する。
2.就活して、正社員を目指す。
3.正社員で働きながら、スキルとお金を得る。
4.スキルとお金を得て機が熟したら、フリーランスとして活動する。



 いなかに御縁のある私は、特に4番を最終的な目標にしていました。和歌山の共育学舎でお会いした建築士のOさん(仮名)という方がフリーでいろいろ活動しながら、自分自身の活躍の幅を拡げているのを見て、「自分もOさんのように活動したい」と感銘を受けたのがきっかけでした。フリーランスとして活躍できたら、御縁のあるいなかの方でも活躍したいと考えていました。

 ですが、島に帰ってきてから就活に励んできたものの、正社員として就労することがなかなかできませんでした。加えて希望の職種や求人に出会うこともなかなかできず、あまり好調とは言えない状況が続いていました。

 こちらの記事にも書きましたが、ある日にとうとう就活が行き詰ってしまい、自分自身が今後どう行動したらよいのか、分からなくなってしまいました。ゼロ(振り出し)に戻ったような感じで、「就活を進めようにも、何も行動できない」というところまで堕ちてしまいました。

 そうした悪い状況の中で、新しい選択肢や考え方を見出せるようになったのは、大崎上島のNさんMさんとの電話でした。

 特にMさんからの電話で仰ったアドバイスはどれも斬新な切り口や見方があり、聴いていて驚きつつも、「できる範囲で取り入れてみよう!」と思えるほどの素晴らしい内容でした。

 これらのことから、私はメインストリームでのやり方から、イレギュラーな選択肢・考え方でのやり方で今後の立て直しを図ることにしました。分かりやすく言うと、下記のような感じになります。

1.東京での軍資金稼ぎのためのバイト探し。
2.泊りがけのバイトをする。
3.他のいなかの地域での御縁をつくる。
4.大崎上島への移住。



 1番は特に言うことはありません。普通に軍資金稼ぎです。

 2番と3番は通じるところがありますが、どちらも自分自身の視野や見聞を広めるためにやろうと考えています。泊りがけのバイトは、自己鍛錬の意味合いも含まれています。

 4番については最終手段のようなもので、そう簡単には決められません。これを選ぶとしたら、じっくりいろいろ考えたり、もう少し他の方の意見やアドバイスも参考に聴きながら、最終的に選ぶかどうかを決めます。


 まだまだ模索の状態が続いていますが、イレギュラーな選択肢を通して何か掴めたらと思います。それでは、今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する