明日のサポステで…

 明日もまたサポステへ行ってきます。昨日も行ってきたばかりでしたが、昨日は普通通りの面談で明日は違います。

 明日のサポステは何があるのかというと、懇親会があります。

 この懇親会は就活で悩む人同士が集まり、お互いに就活に関する悩みを打ち明けたり、情報を共有したりするイベントです。

 懇親会のイベントは、相談員であるTさん(仮名)から話を聞いてました。イベントの発起人は、同じサポステに通う方だそうで、ついに明日の3月25日の土曜日に実現が決まりました。以前からこういうイベントについてサポステ側も興味・関心があったそうで、このイベントがうまくいったら、今後も月一単位で開催することも検討しているのだとか。

 「どんなにイベントになるのか」「今後も継続されることになるのか」などの今後の懇親会の詳しいことは明日次第ですが、個人的にとても興味深いイベントなので、前々から楽しみにしています。

 懇親会のことについては、明日参加してから後々書きます。ということで、今回はこの辺で。


就活が停滞気味…

 ここ2週間ほど、就活が停滞気味になっています。以前こちらの記事でも書きましたが、ここ最近の私の就活は志望動機がテンプレート化してしまったりして、うまくいっていませんでした。

 そうした現状を打開すべく、ここしばらくは自分自身の就活を見直すべく、自問自答していました。紙に自分の「好きなこと・得意なこと」を書きだしたりしていましたが、あまりビビッとくる反応がなかなか出ず、足踏み状態が続いています。通い続けていた東京わかものハローワークも、ここ2週間は通っていません。

 これまでの就活では、自分の適性や経験から製造業・倉庫業・統計調査の3つの分野で求職してきました。しかし、志望動機のテンプレート化などで就活がうまくいかなくなると、自分自身が「どんな仕事をしたいのか?」「どんな仕事ならうまく働けるのか?」といった仕事に対する適性や興味・関心があらためて分からなくなりました。

 去年の大崎上島に行く前のようなどんよりとした沈んだ精神状態ではないものの、就活がうまくいかないことによる危機感と焦りがどうしても出てしまいます。

 就活は今後も続けていきたいですし、正社員としてしっかり働きたいという希望も捨てていません。ですが、自分の言葉で語れるだけの仕事に対する熱意や想いの部分でどうしても思いつかず、何の仕事をやっていきたいのかが分からなくなります。「このままじゃいけない!」と考えつつも、具体的に何をすればいいのか分からない。そんな日々が続いています。


ジョブクラブメンバーとの2度目の飲み会

 ここ最近、ブログの更新をすっぽかしていましたが、久々の更新。

 昨晩は、とてもうれしいことがありました。それはタイトルにもあるジョブクラブメンバーとの2度目の飲み会です。飲み会を兼ねたジョブクラブメンバーとの久々の再会でした。

 メンバーの一人であるYさん(仮名)が幹事となり、彼の呼びかけでメンバーが集まりました。全員参加は実現できませんでしたが、昨晩は私を含め9人(うち2人は途中参加)が集まりました。

 今回はその飲み会のことについて、書いていきます。


 飲み会当日である昨日。場所は渋谷にある某居酒屋で飲み会が行われました。ここはメンバーの一人であるIさんが教えてくださったお店で、飲み放題を含め、かないリーズナブルな値段で飲食ができます(会計した時、1人2000円ほどでした)。

 このお店で最初に集まったのは私を含めて7人。Yさん・Fさん(仮名)・Aさん(仮名)・Kさん(仮名)・Kさん(仮名)・Iさん(仮名)。私とYさん・Aさん・Kさんはまだ求職中ですが、他の方は就職がすでに決まっており、昨晩は各々の職場から今回の飲み会のお店まで直行してきてくれました(Kさんが2人いますが、本名は別です)。

 Kさんは専門学校の営業マンとして、Fさんは学習塾に、Iさんは印刷会社の営業マンとして、それぞれ就職しています。飲み会では、彼らの話を聴く機会もあって、仕事や就活に関する話をいろいろ聴けました。

 2時間ほどで飲み会は終了。その後2人が途中参加で来るということで、別の居酒屋に場所を移しての2次会が開かれました。

 後から来た2人も就職が決まっており、前述の3人と同様に各々の職場からお店まで直行してきてくれました(皆さん職場から渋谷までは近いそうです)。

 後から来てくれたのは建築系デザイン業で働く男性のSさん(仮名)と広告代理店でファッション関係のお仕事をされている女性のSさん(仮名)。お二人のお仕事に関しても、いろいろ話を聴くことができました。

 で、ここからはお仕事や就活に関することを書いていきます。

 就職が受かって働いてらっしゃる皆さんは、各々の仕事について難しさや大変さを感じることがあっても、やりがいや充実感を感じて、生き生きと働いているそうです。

 広告代理店に勤めているSさんは残業続きな日も多いとのことですが、やりたい仕事・興味持てる仕事をやることができるということで、とても輝いていました。

 そういった皆さんの様子を見て、私は「仕事に対する姿勢って、結局その人自身がどうするかなんだな」と実感しました。「残業だ~、給料が低い~、嫌だ嫌だ嫌だ…」と仕事に対して何もしないまま愚痴ってくすぶるのではなく、「どうしたら良くなるか?」を考えて前向きに・主体的に取り組んで解決していくことが大事なんだと、あらためて実感しました。

 それともう一つ。今回飲み会でとても為になったのが、Iさんから教えてもらった志望動機がテンプレート化しないための就活の考え方・やり方です。

 私はふとIさんに「複数の企業を受けていて、志望動機がテンプレート化(形骸化)しないために、Iさんはどういったことをされていましたか?」と尋ねてみました。すると、Iさんが親身になって答えてくださいました。

 いろいろ話してくださったのですが、個人的に印象深かったのは自分の言葉で語るということ。受ける企業ごとに、その企業の「どういった所が良かったのか?」「将来性があると感じたのか?」「どういった所が好きになのか?」などを念入りに考えて、書類や面接の内容に盛り込んでいたそうです。Iさんはかなり詳しく調べたそうで、面接の際にはジョブクラブのテキストに書いてある面接の問答練習で、答え方を一問一答しっかり準備したとのこと。

 「自分の言葉で語る」というのはサポステのTさん(仮名)からのアドバイスでも聴いていましたが、就活で受かった実績のあるIさんの話を聴くと、さらにその重要性を認識できました。Iさん曰く「テンプレートでうまく受け答えできる人よりも、ガチガチに緊張していても自分の言葉で語っている人の方が受かりやすい」と。


 そうして2次会も過ごしているうちに、23時半を回ったので、そこでお開きになりました。途中で帰った方もいたので、最終的に残っていたのは私を含め7人。女性のSさんは「まだ飲み足りな~い」と話していましたが、さすがに終電とかが危うかったので、お開きに。

 今回の飲み会ですが、とても有意義な時間を過ごせました。皆さん会話を良くされていたこともあり、あまり飲食はされていませんでした。お仕事や就活のことについても、いろいろお話が聞けたので、とても良かったです。

 次回もジョブクラブメンバーと再会できたら、ぜひその時ももう一度お会いしたいです。そう思える一日でした。


自分自身の就活についてあらためて見直す

 先月末から今月の頭まで風邪をひいてしまったが、先週末になんとか体調が回復した。心身ともに回復したので、先週行けなかった東京わかものハローワーク(以下:若ハロ)のナビゲーターであるIさん(仮名)との面談を今週行ってもらった。

 そこで、大きな出来事があった。

 久々の就活だったのだが、私の就活の進展具合はここ数か月は不調のまま。なかなか自分に合う求人が見つからず、数が撃てないというのもあったのだが、それ以上に応募先に対する熱意や想いの面でうまくアピールできていなかった。そこをIさんから指摘された。ここ最近の私が書く志望動機の文章はテンプレート化(形骸化)しており、あまりしっくりくる文章ではなかった。

 Iさんからストレートに言われたわけではないのだが「この調子だと、こちらがCHAGEAS-FANさんの就活のサポートするのは難しい」といった遠回しな表現も言われた。

 Iさんとの面談を通して、「このままじゃいけない!」と考えた私は、自分自身の就活についてあらためて見直すことを決めた。見直すということで「振り出しに戻る」ような感じで、1から考え直す。

 就活といっても、今回のことはメンタルに関わるナイーブな事柄なので、サポステのTさん(仮名)に相談しに行った。相談した際に、私の就活の現状と心境について、いろいろ報告した。

 それらを聴いたTさんは私の就活の状況や心境について、下記のように詳しく教えてくださった。

1.志望動機の内容がテンプレート化してしまうのは、就活の方向性が見えていない証拠。
2.自分が得意なこと・好きなことをあらためて紙に書き出してみる。



 1番にある志望動機のテンプレート化は、やはり自分自身の就活の方向性が見えていないからだとのこと。見えていれば、希望に沿った求人に対して文書作成もテンプレート化することなく、スラスラ書けるようになるそうです。私の就活にはテクニックの面(面接練習や基本的な文書作成etc…)は問題ないとのこと。必要なのは、先方に応募する際に示す想いの部分だという。

 そこで、自分の就活の方向性や想いを明確化にすべく、自分の好きなこと・得意なことをあらためて紙に書き出してみるという作業が効果的だという。紙に書く際は、思いついたらでいいので、直感的にとにかく書くといいとのこと。次回のサポステの面談までに、この書き出しの紙を書いていく予定。


 そんなこんなで私の就活は振り出しに戻ってきた。これからどうなるのか、私にもわからない。だが、自分のやったことが良い結果を残せるように、自分で地道にやっていくだけ。

 それでは、今日はこの辺で。


かなり悪い風邪

 今日は3月3日ということで、世間ではひな祭りのシーズン。暦上ではすっかり春になったわけです。

 が、そうした中で私は風邪をひいてしまいました

 風邪の異変が起きたのは、2月27日の月曜日。私用で地元の役所から帰ってきた際に、のどが痛くなりました。のどだけだったので、市販の薬を飲んで様子を見ました。しかし、良くならず。

 3月1日の水曜日。ついに熱が出ました。当初は37.5℃でしたが、徐々に上がっていき、最高39.8℃まで上昇。もうここまでくると、しんどくてたまらない。

 なんとかすべく、まずは地元のスーパーで2リットルペットボトルのスポーツ飲料を、箱(6本入り)で購入。帰宅後、冷えピタを張って、ベッドへ。買ってきたスポーツ飲料を飲んで水分補給しながら安静にしていました。スポーツ飲料は私一人で全部飲み干すほど、ガブ飲みしていました。

 なんやかんやで今日はようやく熱が徐々に下がり始め、現在は37℃のところで前後しています。峠は3月1日の高熱で越えていたので、昨日今日は特にしんどさはありませんでした。後はもう少し安静にして、完治するのを待つだけです。


 今回の風邪で、今週行く予定だったサポステと東京わかものハローワークでの面談はキャンセルになってしまいました。今週末の土日で、進まなかった就活の作業を進めて、来週の月曜日には若ハロの面談で紹介状の発行まで進めてもらう予定です。

 峠も超えたことですし、あと一歩。来週もがんばろう!