久々の東京わかものハローワーク

 今日は仕事帰りの夕方に、渋谷にある東京わかものハローワークに立ち寄りました。そこで久々に私の担当相談員であるIさん(仮名)にお会いすることができました。

 立ち寄ったのは、就職後の事後報告をしたいと思ったため。帰りの電車でふと思い立っての行動だったので、ぶっつけの訪問でした。本当は一昨日の水曜日にも立ち寄っていたのですが、その日はIさんがたまたまいらっしゃらなかったので、お会いすることができませんでした。他のスタッフの方から「Iさんは金曜日ならいらっしゃる」ということなので、金曜日の今日さっそく立ち寄りました。

 Iさんは笑顔で私を迎えてくださりました。もちろん私のことも覚えていました。私とIさんは専用の相談ブースで会話。話したことは主に私の現在の仕事についてのこと。仕事の内容や進展具合、会社の対応など、いろいろ話しました。私自身いろいろあったものの、こうしてIさんと就労のことで会話できることをとてもうれしく思いました。それぐらい会話がはずみました。

 途中で、私が2年前に受講した「ジョブクラブ」の講師を務めていらしたNさん(仮名)にもご挨拶。この時、私は会社から支給された自分の名刺を、IさんとNさんへ記念に渡しました。こういう時でないと名刺を使う機会がないので、今後の御縁も兼ねて名刺を渡しました。お二方は就労(卒業)できた求職者から名刺をもらうことがなかったそうなので、とても喜んでおられました。

 報告を兼ねた会話は30分ほどでお開きにし、私は東京わかものハローワークを後にしました。

 いやあ、嬉しかったなあ…。なんだかんだあった少し前の私の就職活動だけど、就職後にこうして無事にご報告できるように勤められるってのは、本当にうれしく思います。今後どうなるかは分かりませんが、いろいろ頑張ってやっていこうと思います。

 それでは、今日はこの辺で。


現在の会社に勤めて5ヵ月が過ぎた

 月が変わって4月になりましたが、先月の30日で私が現在のIT企業に勤めてから5ヵ月が経ちました

 先月の頭までは神奈川県某所の案件先で勤務し、それが終わってからは本社待機を兼ねた社員研修。その後、都内某所の案件先が決まってからはそちらの方へ勤務。3月だけで3つも職場が変わりました。

 新しい案件先については、当初は4月からということでしたが、急きょ先方からの連絡が来て、急ピッチで決まりました。当初は別の案件先も検討していたそうなのですが、上司の考えで「より働きやすい現場がいい」ということで現在の案件先に決まりました。

 で、現在の新しい案件先についてですが、かなり楽な勤務です。神奈川県某所の案件先の仕事量が200としたら、現在の案件先は20~30という具合。そのぐらい勤務が楽です。空き時間が多く、暇な時間が多くできます。「楽過ぎる!」と言っても過言ではないくらい暇です。現在の案件先で一緒に働いている会社の同僚がいるのですが(といっても、その方は部署が違います)、その方も「今の現場めっちゃ楽だから、もうこのままずっとこの現場で働きたい(笑)」と言うほど。それくらい楽です。

 「楽して働いて金もらえるなら、めっちゃええやん!」

 と、感じた方もいると思いますが、残念ながらそうは言ってられない現実もあります。

 現在の案件先は先方の都合により、私の勤務期間は6ヵ月となっています。あまり長くは働けません。

 それと、現在の案件先のメンバーの方が仰っていましたが、あまりに楽な仕事なので「仕事を通してスキルアップしたい」という働き方は望めません。スキルアップしたいなら、独学で勉強するしかないです。

 最も気になるのが、現在の楽さに甘んじていると「あとが怖い」ということ。なんだかんだでIT業界に働いているのですから、業界の技術(スキル)や知識の変化が激しいです。いまやどこの業界もそうですが、自分から積極的に行動してスキルアップしていかないと、後々食いっぱぐれてしまいます。私が勤めている会社の上司は「空いた時間を資格勉強に費やして、新しい資格を取ってくれ」という狙いがあるので、それに応えられなかった時の上司の反応を想像するとゾッとします。

 だからこそ、楽だからといって何もしないのではなく、空いた時間を勉強に費やしたいと考えています。今後どうなるかは分かりませんが、とりあえず暇な空き時間は増えていくと思うので、勉強しようと思います。

 現在のIT企業に勤めてから5ヵ月。試用期間が6ヵ月なので、あと1ヵ月経過した後、先方で特に私の雇用について問題がないと判断されれば、ようやく本採用となります。それまであと少しです。ぼちぼちやっていきます。

 それでは、今日はこの辺で。


次の案件先での勤務が決まった!

 昨日、次の案件先での勤務が決まりました。

 先週で神奈川県某所でのとある案件先の勤務を終えて以来、次の案件については会社の上司からいろいろ聞いていました。当初は4月から勤務の予定だったのですが、急きょ来週からの勤務に変更となりました。

 次の案件先は都内某所での勤務。業務内については、前回の案件先でやっていたようことと同じような内容とのこと。ただ、前回と違うのは、業務内容や労働条件がかなり楽だということ。本当にそうなのかは実際に働いてみないと分かりませんが、上司は私自身の心身なども考慮したうえで今回の案件先を以前から検討していたとのことでした。

 今回の案件先の勤務についてはよさげな雰囲気や感じはありますが、あまり期待し過ぎて落胆するのも良くないです。なので、あまり期待せずに従事する予定です。

 それでは、今日はこの辺で。


現在の会社に勤めて4ヵ月が過ぎた & 案件先の勤務終了

 月が変わって3月になりましたが、先月の28日で私が現在のIT企業に勤めてから4ヵ月が経ちました。10月30日入社なので、正確には毎月30日ですが、2月は28日までなので、28日の時点で「○ヵ月経った」と言うことにしました。

 4か月経ったということですが、ちょっと前まで案件先での勤務でした。なので、「会社の勤務がどうの…」というよりは「案件先の勤務がどうの…」という状況でした。その案件先での勤務も、3月2日には勤務終了となりました。

 案件先の勤務の終了日は何度も変わりました。少し前まで2月一杯だったのですが、先方のお願いにより、3月2日までに延長しました。延長といっても2日間プラスされただけなので、「それくらいなら大丈夫か…」と思い、延長を承諾。その結果、3月2日まで伸びました。

 案件先の勤務は、悪い意味でいろいろ大変でした。仕事量はものすごく多く、情報の変化も多かった。そうした中での勤務だったので、私を含め、メンバーは皆余裕がありませんでした。私の会社の上司に現場のことは何度もホウレンソウしていたので、上司も「さすがにまずい…」という感じがしていたとのこと。

 そうした中で良いこともありました。夜勤の空いた時間に、一部のメンバーの方と談笑できたりして、コミュニケーションが取れてきたところです。このおかげで、現場を去る最終日の去り際には、私もメンバーも双方快く挨拶することが出来ました。「終わり良ければ、すべて良し」というわけではないのですが、快く挨拶をして現場を去るという経験は初めてでした。初めてでもあり、感慨深い経験だったので、今思うと少々名残惜しい気持ちも出てきました(とはいえ、その現場での勤務はもうこりごりですが…)。

 今後のことですが、次の案件先が決まるまでは本社勤務となります。来週の月曜日から本社へ出勤です。休日もカレンダー通りの休みとなります。今後どうなるかは分かりませんが、ぼちぼちやっていこうと思います。

 それでは、今日はこの辺で。


出社拒否からの大きな出来事

 今週1週間は、仕事のことでかなり大変な状況だった。

 仕事は相変わらずやることが多いし、山積みの問題は改善の兆しが見えない。そうした中でずっとやっていたので、心身の体調もだいぶ悪くなった。吐き気や頭痛がひどくなり、昼飯も食う時間もないので、意識も朦朧としながらの仕事をしていた。

 それだけでも相当キツかったのだが、最悪だったのが人間関係の方もよろしくなかった。ある人からは無根拠な言いがかりを、別の人からは相手もされずに差別的な態度をされたりといろいろ悪かった。仕事がうまくいかないことによる他人への当てつけなんだろうけど、さすがに腹が立った。

 仕事の不調に対する体調不良も悪かったのに、人間関係も悪いとあっては、さすがに耐えきれなくなった。そうしたこともあって、出社拒否に陥ってしまった。出社拒否といっても、半分は「出社できない」という反応だけど、半分は「出社しない」という意思の問題。

 そんなこんなで出社しなかったし、できなかった。ここ数日は自宅で寝込んでいることも多かった。

 所属している会社からの上司からも何度も電話があり、今回の欠勤については何度も相談した。今回の案件先については、何度も上司にホウレンソウしていた。上司はそのことを以前から知っていたこともあり、今回の欠勤については、特にアレコレ言われることもなかった。むしろ上司は私の体調を心配し、いろいろ気遣ってくれた。今回の案件についてもいろいろ対処してくださった。

 上司の対処もあって、今回の案件先の勤務は勤務期間が短くなった。1年ほどの長期間の勤務から3月末、3月末から2月末までと変わっていった。今回の案件先の勤務も2月一杯(正確には3月1日)まで。それ以降は次の案件先が決まるまで、本社勤務となる。

 次の案件先がどうなるか分からないけど、少なくとも今はしっかり体調を整えて、最後の勤務をまっとうしたい。「立つ鳥跡を濁さず」の精神でやっていこうと思う。

 それでは、今日はこの辺で。