3月が終わる

 早いもので、時間があともう少し経てば、3月が終わります。次は4月です。

 今月はいろいろありました。風邪をひいたこと。就活がうまくいかないこと。その他いろいろ…。けっこういろいろなことがありました。そうしたことがあった3月ももうすぐ終わりです。来月はもっと良い月にしたいところ。

 明日の4月1日土曜日は、サポステの懇親会(2回目)があります。今度はどんな会になるのか、楽しみです。

 それでは、今日はこの辺で。


風邪が流行っている

 昨日から妹が風邪をひきました。のどの痛みや鼻水を訴えていて、お医者さんに診察してもらったら、見事に風邪とのこと。

 一昨日の火曜日。私はかかりつけのお医者さんに通っていたのですが、そこのお医者さんも風邪気味でした。診察もマスクつけながらの状態でやることになりました。

 ここ数日は天気が不安定で、急激な温度変化もあり、風邪が流行ることが多いそうです。私も今月頭に風邪をひいたばかりなので、他人事ではありません。

 皆さんも風邪にお気をつけて。


何もしないで「ニート・ひきこもりを受け入れろ!」と騒ぐ輩は、他人に依存して逃げているだけの愚か者である

 以前こちらの記事でも書いたのだが、当ブログのコメントにウジウジと居座る輩が出てきた。この輩は主体性がなく、自分で何かを成そうとする自立の意識が全くと言ってもなかった。それどころか、「他人が変わるべき。他人が動くべき」と言わんばかりに、他人に対して「ああでもない、こうでもない」といった文言ばかり並べていた。

 その輩が以前こちらの記事にて、以下のような主旨のコメントを残してきた。原文は消してしまったので、私が思い出した限りでの内容を書いていく。

あなたの考えには危なっかしいものを感じます。
あなたはがんばらないニート・ひきこもりは認めないそうですが、自分がいまやっている就活とかがうまくいかなくなって、彼らと同じ穴の狢になった時に、自分で自分の首をしめることになるのですよ。
もう少し寛容になった方がいいと思います。



 私はこのコメントを読んだ時、呆れるほどうんざりした。

 さっきも言った通り、この輩には主体性がない。「相手がどうの…」と他人に対する要求ばかりで、「自分がどうするか」といった主体的(自主的)な行動や意識がまったく見られない。「動くべきは他人であって、自分じゃない」というわがままが見えている。自分自身は一切動こうとしない。

 「同じ穴の狢になったら…」というが、なぜそこで自分自身が動こうとしないのか。同じ穴の狢になったとしても、「なんとか頑張って、自分から抜け出そう」とか「そうならないように、普段から気を付けよう」といった意識がまったく見られない。どこまでいっても、自分で何かをしようとする意識がなく、他人ばかりに要求を通そうとする。

 以前も書いたが、この輩は他人に依存している。依存しているから、自分で何かをやろうとしたりする意識や思考がない。いつまで経っても「他人がどうの…」と言って、改善すべき問題には自分が主語ではなく、他人が主語になっているのである。

 この輩は某有名ニートの名前を何度もあげていたが、こちらから見れば「で、だから何?」という話だ。

 ハッキリ言おう。某有名ニートのことを何十回、何百回、何千回、何万回言おうが、某有名ニートは私たちを助けてくれない。相手だって所詮は人の子。万能の神様じゃない。いくらすがろうが、崇めようとしようが、最終的な自分自身の問題は自分自身で解決しなければならない。

 この輩はハッキリ言って、甘ったれているのだ。大方「何かあっても、某有名ニートに助けてもらえばいい」といった、依存の魂胆があるのだろう。だから、某有名ニートの名前ばかりをあげて、自分自身は何もしようとしない。そうやって他人に依存することしか考えていないのだ。

 それともう一つ。この輩は逃げているのだ。

 「働きたくない、社会が悪い、他人が悪い、嫌だ嫌だ嫌だ…」

 こんな風に目の前の生活や仕事、自分自身のことなどのいろいろな物事にろくに向き合おうとせずに逃げて、文句ばかり言っているような輩なのだろう。自分の問題や不満に対して、改善のために考えたり行動したりしているのであれば、こんなことはない。改善すべき問題への行動も、他人が主語ではなく、自分が主語になるはずである。「他人がどうの…」ではなく「自分自身がどうするか」という風に。

 いろんな物事から逃げているから、他人に依存しようとする。だから、自分自身が何かをしようと行動する意識が見られない。結局はそうやっていろいろな物事に向き合おうとせず、ただ単に逃げているだけだ。

 そうやって逃げたいのであれば、勝手に逃げればいい。だが、「他人が変わるべき。他人が動くべき」と言わんばかりのくだらないわがままは言語道断である。それを他人に対して貫こうとするのももってのほか。逃げているくせに己のわがままを通そうとするのは、負け犬以下のゲスな行為だ。それこそ、根本から考え直すべきことであろう。


 最後に今回のコメントに対して一つ。

 「同じ穴の狢になったとしても、テメエみたいな負け犬とは絶対一緒にならねえよ」

 同じ穴の狢になったからといって、「ニート・ひきこもりでいいや」と言い合っているようでは、単なる負け犬同士の傷の舐め合いで、何の進展もない。そうではなく、「どうしたら自分自身がより良くできるのか」を考えて行動して、悪い状況から脱却できることを心がける。

 前述した通り、某有名ニートの名前をどんなに出したところで、某有名ニートは助けてくれない。そんなのに過剰な期待をかける方がお門違いというもの。この輩はいい加減に自分自身の現実と向き合うべきだろう。それが理解できないのであれば、いつまでも自分の人生が好転することはない。いつまで経っても駄々をこねるだけのガキである。

 他人に依存し逃げているのは愚か者の極みである。自分で自分の首を絞めているのは、この輩の方である。そうしたくなきゃ、自分で自分を動かせ。まずはそこからだ。


女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦1)」

 漫画『女神の拳』のアップです。ついに今回から霞紗玖羅との最終決戦が始まります。地名は「神龍練気闘座(しんりゅうれんきとうざ)」。

▼1ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦1)」001

▼2ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦1)」002

▼3ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦1)」003

 今回は短めの3ページ。当初の構想では5ページでしたが、描くのがめんどくさくなったというのと、早く次の展開にストーリーを持っていきたいということで、カットしました。カットした場面は1ページ目の1コマ目のナレーションで済ますことにしました。

 今回はタイトルに「vs」とつけていますが、導入部のようなストーリー展開なので、肉弾戦(バトル)の描写はありません。


 女神の拳、まだまだ続きます。


サポステの懇親会

 昨日こちらの記事で書きましたが、今日はサポステで開かれた懇親会に参加してきました。

 この懇親会は、就活に悩む人同士が集まって、お互いに就活に関する悩みを打ち明けたり、情報を共有したりするトークイベントのようなものです。先週からサポステの相談員であるTさん(仮名)から話を聞いていたので、参加するのを楽しみにしていました。

 今回の記事は、その懇親会のことについて書いていきます。


 今日の懇親会に集まったのは、全部で8人(男性7人・女性1人)。これまで聞いた話では6人が参加予定との話でしたが、急きょ2人増えたとのこと。進行役として、サポステのスタッフであるIさん(仮名)が場を仕切りました。

 懇親会の時間は一応試験的にやっていることもあり、1時間の予定でした。サポステのイベントスペース内で人数分のイスをサークル状に置き、椅子に座って会話をする形で進められました。各参加者は自己紹介もしつつ、就活で悩んでいることや気になっていることなどについて、話し合いました。

 さて、今回の懇親会の参加し終えての感想ですが、正直イマイチでした。

 今回の懇親会は、入退場自由ということでかなりゆる~く開かれていましたが、話すテーマ(議題)とか決まっていなかったので、話すこともメンバーによってバラバラでした。これまで聞いていた懇親会の名目(?)である、お互いに就活に関する悩みを打ち明けたり、情報を共有したりする会話はあまり進みませんでした。

 ただ、今回の懇親会はサポステ初の試みということで、今後の試行錯誤で進めながら、いろいろ形作っていく予定だそうです。次回の開催は、1週間後の土曜日だそうです。参加者同士の話し合いで、開催時間を2時間に、各参加者がテーマ(議題)について考えてくること、といった取り決めがなされました。

 懇親会はまだ始まったばかりなので、どうなるか分かりません。ですが、今後も参加できる機会があれば参加して、就活に対する情報共有やネットワークの構築などができたら、幸いです。